Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

HOME > レポート > 機種別レポート&解説 > RunnerExceed > RunnerExceed 104H Nano PlugModel ショア青物釣果レポート

RunnerExceed 104H Nano PlugModel ショア青物釣果レポート

ユーザーの樫谷さまよりショア青物釣果のレポートをいただきました!!
ロッドは昨年の12月に販売されたRunnerExceed 104H Nano PlugModel / Special Editionです。
早速の入魂、ありがとうございます!!

~~~~~~~~

早朝からポイントに入り朝マズメの高活性の個体を狙ったのですが、潮の流れも悪く下潮でベイトも寄っていない状況でした。日の出からルアーを交換しながら投げ続け、朝イチの反応はありませんでしたが午前10時頃の潮変わりのタイミングで一本獲ることができました。
今回の釣行はロッドの使用感も確かめたく200ミリから120ミリまでのプラグ、80グラム前後のジグと様々なルアーを使ってみましたがどれを使っても使いやすいロッド でした。
特にスペシャルエディションはチタンガイドを採用したことによりノーマルと比べるとキャスト時はロッド全体に張りが感じられ、振り抜きやすい印象をうけました。また、キャスト後のロッドティップの収束も速く、着水後ストレスなくルアーアクションに入れる点も良い所でした。
また、魚を掛けてからは繊細なティップとは想像も出来ないような強靭なバットで大型魚を相手にしても主導権を譲る事なくランディングまで持ち込めるロッドだと感じました。

私自身ですが身長が170センチ体重60キロ弱と体格には恵まれていませんが、104hは軽量で扱いやすくパワーに自信が無いけどショアから大型の青物を獲りたいアングラーに是非使って頂きたいロッドだと思います。これから春マサシーズンを迎えますので、大型のヒラマサを狙っていきたいと思います。また釣果が出た時に報告いたします。

ブリ 89センチ 7.1キロ
ロッド:ランナーエクシード104H PlugModel Special Edition
リール:19ステラsw8000hg
ライン:pe4号 リーダー80lb
ルアー:ラピード190


~~~~~~~~~~

樫谷さん、ありがとうございます!!
コルクグリップに赤のグラデーションが印象的な104Hのスペシャルエディションは、各部パーツをチューンすることで、ベーシックモデルとはまた一味違う使用感を楽しめる一本です。

さて春も近づき、本格的に青物シーズンも始まりますね~。これを書いている私も今年はショア青物タックルにベイトリールを投入しましたので、本気でやらなければいけません!!
ユーザーの皆様のレポートもお待ちしつつ、私も頑張ります!!


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN