Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > RealCrescent 2018 re-birth model > RealCrescent 76WR/TZ メバル釣果報告

RealCrescent 76WR/TZ メバル釣果報告

本日はリップルユーザーの森さまよりRealCrescent 76WR/TZを使用したメバルの釣果報告を頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、森さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月の終わりにメバル狙いで行ってきました。

まずは毎年いいサイズのメバルが付くポイントへ

タックルは
ロッド:リアルクレセント 76WR/TZ
リール:ツインパワー 2500
ルアー: TAPPスタンディングスクイッド ミゼット

リアルクレセント 76WR/TZは繊細なティップを持っているのでそれを生かして流れの変化を探していきます。

最初はTAPPのスタンディングスクイッド ミゼットのラメカラー。ラメカラーは稚魚系にもアミパターンにもホタルイカパターンにも対応できる万能カラーです!

変化を探して数投目。
いい感じに流れていったので来るかなと待ち構えているとコツっとバイトが!
しかし乗り切らず
また同じラインに流してコツっときたタイミングでフッキング!!
この引きはメバルだ!
リアルクレセント 76のパワーで根から引き離して一気に浮かせてランディング

いきなり尺!

そのあと投げるルートを変えて、ルアーもローテして

ポツポツと釣れました!
リアルクレセント 76WR/TZはパワーもあって魚もコントロールしやすいので尺クラスでも楽にキャッチできます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019年3月1日にまたメバルを狙いにいってきました。

富山ではぼちぼちホタルイカパターンでのゲームが成立してくる時期なのですが前回の反応だとまだホタルイカパターンにはまってる感じではなかったです。

この時期はパターンが混合するのでよりメバル釣りが楽しくなる時期だと思います!
そんないろんなパターンに対応するために使用するのはリアルクレセント 76WR/TZです。
ジグヘッドからプラグの使用可能なのでランガンする時に1本だけ持ってくとなったらリアルクレセント 76WR/TZを選択します!

ランガンコースに選んだポイントへ入り開始。
まずはTAPPのスタンディングスクイッド ミゼットで様子見。
コツっと小さいバイトがくるけどなかなかのらず、何回かしてやっとのった

27くらいのメバル。そのあとも


ポツポツ釣れるのですがイマイチパターンにハマってない感じでした。
そこでジグヘッド単体に変更して探り直して軽量リグを流しこんでやるとそこから怒涛の入れ食いに!
ランガンするところするところ流れを見つけては流し込むを繰り返して、アベレージ27前後でストリンガーに掛けきれなくなりサイズを入れ替えながら25匹くらい釣って終了。

泣尺を数匹含めたパターンにハマったいい釣りができました!

なるべくスレさせたくなかったので掛けたらすぐにそのポイントから引き離したかったためロッドのパワーをフルに使い根から引き離しては釣っていくスタイルにもハマったみたいです!

ランガンするときはやはりプラグ、ジグヘッド単体を扱え、パワーと繊細さを兼ね備えたリアルクレセント 76WR/TZおすすめです!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月2日

またまた連続でメバル狙いに行ってきました!
前日ランガンしきれなかったところを含めてランガンしに行きました。
タックルは
ロッド:リアルクレセント 76WR/TZ
リール:ツインパワー 2500
ルアー :TAPPスタンディングスクイッド ミゼット・ジグヘッド単体

最初のランガンポイントから開始して、まず潮の流れ等の状況把握から。
前日よりさらに潮の流れが微妙、、、おまけに波もなし、、、
嫌な感じかなーっと思いつつ探っていると一ヶ所微妙に流れがおかしいところを発見。
これはと思いそこをせめると、居ました!

尺が!
リアルクレセント 76WR/TZなら尺の突っ込みも問題なく抑えれるのはわかってるので突っ込みを抑えてからのゴリ巻きで一気にたたみかけました。
しょっぱなから尺は幸先がいいなと思いながらもう一度同じルートを通すと

さらにサイズアップ!!

ここからまたランガンで連打。

尺ごえがもう1本いたのですが1本のストリンガーに2匹掛けする時に暴れて外れて逃げていってしまいました、、、
入れ替え用にメジャーで測ってたのですが、、、
時合を逃さないようにあとでまとめて撮影したため逃げた尺の撮影画像がないのが残念です。

逃げたのを含めて尺ごえが5匹釣った釣行になりました!
この日も25匹以上でアベレージほぼ28cm。

数が伸ばせるのは根から素早く引き離して寄せれるパワーと繊細に誘えるリアルクレセント 76WR/TZだったから可能だったと思います!
ただ単にパワーがあるだけではラインブレイク、フックの伸び、口切れが多くなってしまうのですがパワーがあって適度に曲がってメバルのパワーを吸収してくれるので問題なくキャッチできました!

根の付近で暴れさせたら他のメバルに警戒心をもたせてしまう可能性があったので一気に引き寄せました。

リアルクレセント 76WR/TZ廃盤になってしまったのは残念ですがこれからも愛用していきたいと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森さま、レポートありがとうございます!こんなサイズ、数ともに凄まじいメバルの釣果は初めて見ました!ポイント選択、時合の見定め、そして森さまの技術・経験があってこその結果なのでしょう。今後も森さまからの釣果報告、スタッフ一同楽しみにお待ちしております。

森さまにご使用頂いているRealCrescent 76WR/TZは2017年を最後に廃盤になり、2018年にRealCrescentシリーズは全てモデルチェンジし、スピニング4機種、ベイト3機種の全7機種に生まれ変わっております。全機種にナノ素材を採用し、キャストフィール、そして繊細さの向上を図り、よりライトゲームの奥深さを感じ、突き詰めることが可能なラインナップになっております。

機種によって性能が全く違う為、RealCrescentについてご不明な所がありましたら、いつでも連絡をお待ちしております。


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN