Ripple Fisher リップルフィッシャー

BLOG

リップルフィッシャー > スタッフブログ > スタッフ釣行記 > トカラ列島ショアGTレポート

トカラ列島ショアGTレポート

神戸市のプロショップ「BSL anglers factory」の谷本氏より、トカラ列島のショアGTの釣果報告をいただきました!!


—————————–

トビウオパターンでのGT遠征にて25KのGTをキャッチできました。
初日はFINALSTANDUP 100SXHに14000番PE8号リーダー170Lbのタックルにエクストリームのゲロオスギで幸先良く良型のギンガメ鯵をキャッチ。
その後はかなり沖目にGTの回遊の気配を感じ、フルキャストで大型のGTがヒット!! なんとか足元まで寄せたものの、残念ながら擦れでラインブレイク。
さらにgiraffe mars collectionの鼓動GTの着水フォールでドパーンと飛沫を上げてヒットに持ち込むも、同時に猛スピードで手前に走りだしフックオフ。2回もチャンスがあったものの本命はキャッチ出来ず初日は終了。

さらに2日目は気配薄くノーバイト。そして最終日も気配が無い状態から情報を頂き、プレッシャーの少ないエリアへ移動。ベイトのザワつきでGTの気配を確信し、Runner
Exceed 100SHH Limited に14000番 Pe8号 リーダー170Lb にポッパーをチョイス。
遠投はせずに中距離キャストで3回程ポッピングしたところで、バーンという捕食音とともにヒット。走らせると獲れないポイントなのでなるべく耐えて勝負し、なんとか25kクラスをキャッチすることができました。
100SHHはFINALSTANDUPに比べてパワーはライトですが、軽量で1日振り続けても疲労が少ないメリットもあります。
GTはショアゲームで最上級の暴君ですがまたチャレンジしたいと思います。


———————————–

谷本さん、いつもありがとうございます!!
やはり、トカラのGTはロマンがあります。RunnerExceed 100SHH LimitedはショアGTロッドとしては比較的ライトな使用感で、幅広いアングラーにオススメできるモデルになっています。やはり堤防でも磯でも、アングラーが曲げて耐えることができることがキャッチへと繋がります。
そういう意味では、どんなロッドを使おうとも曲げ込む練習をしておき、自分の体格や腕力に合ったものか確認して挑むことが理想的です。なにより、危険な釣りでもあるので、新しく挑戦される方はぜひ、各地のリップルの展示会等で実際にロッドを触って曲げてみてください。
2019年上半期の試投会は6月16日の山形県鼠ヶ関「イカまつり」会場にて開催分で終了ですが、下半期も各地で開催できるように調整中です。


  1. Facebook
  2. Instagram
  3. YouTube
  4. JP
  5. EN