Ripple Fisher リップルフィッシャー

BLOG

リップルフィッシャー > スタッフブログ > スタッフ釣行記 > Aquila EX83-6 輪島沖ヒラマサキャスティング レポート

Aquila EX83-6 輪島沖ヒラマサキャスティング レポート

石川県フィールドスタッフの谷内口氏より、Aquila EX83-6を使用したヒラマサキャスティングのレポートを頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、谷内口氏のレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Aquila EX 83-6」を使用して、輪島の諏訪丸さんでヒラマサキャスティングに行ってきました。

当日は南西の風が吹いていて、ベイトのトビウオも見えていたので条件は良い感じです!

ポイントに到着後、すぐに同船者の方がヒラマサをキャッチ!

その次の流しでもキャッチされていました。

バイトやチェイスはあるものの、なかなかフックアップには至りません。

そこで、ルアーサイズを240mmから180mmに変更して様子を見ます。

それが功を奏したのか、数投で良型のヒラマサをキャッチ!

【Aquila EX83-6】のバットパワーでしっかり浮かすことができました。

ルアーをなるべく水面に出さず水中でのスライドアクションがいい反応を得られます。

まだまだ良い状況は続いているので、もう1本狙います。

ですが、ブリばかりの時間が続いていてなかなかヒラマサが出てきてくれません。

少し太陽が傾きだしたころ、またトビウオが飛び出し、ヒラマサが出るようになり自分のルアーにヒット!!

が、フックアウト!!と思いきや、違うヒラマサが横っ飛びでひったくっていきました!!

1尾目よりも明らかに引きが強いのでさらに良型と確信して、すぐに浮かせます!必死に抵抗を続けますが、ドラグを出さずに浮かしきりネットイン。

船中では18.5kgや24kgのビッグなヒラマサも上がり、最高な日に乗船できました。諏訪丸の山中船長、そして雄飛ありがとうございます!

【Aquila EX83-6】ですが、3pcsながらもキレイなベンドカーブで、張りもあってキャストフィールも軽快ですが、ロッドパワーも十分なので今後、飛行機でのヒラマサ遠征も視野に入れている方にはオススメです!

tackle data
Rod:Aquila EX 83-6
Reel:STELLA SW 14000XG
Line:YGK ODDPORT #6+YGK TP-III #24(5m)
Lure:RST SUPPLY RilaNa180(Prototype)
Hook:DECOY Sergeant’N’ JS-1 4/0×2
Eyewear:EFFECTOR Holly + COMBEX POLAWING SPX

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

谷内口さん、レポートありがとうございます。フックアウトからの再バイトでこのサイズはちょっと興奮してしまいます。同船された方も24㎏は素晴らしい釣果で、素敵な1日になったようですね!

ご使用いただいたAquila EX 83-6はAquilaシリーズでは初めてのマルチピースパックロッドです。EXとはエクスペディション、遠征です。遠征時に携行性の良い3pcsロッドでありつつ、遠征時の大型ヒラマサをメインターゲットとしたハイパワーロッドです。ブランク特性はAquila MSTのようなタメが効き粘り強い調子ではなく、負荷が掛かれば継ぎ目を感じさせない曲がりながらも、あくまでも反発力が強いシャープな使用感です。

もちろん遠征でなくとも、メイン機種として活躍できるだけのスペックを詰め込んでおり、特にハリが強いロッドがお好みの方には、お勧めさせて頂くモデルです。


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN