Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > RealCrescent 2018 re-birth model > RealCrescentシリーズ ライトゲーム釣果レポート

RealCrescentシリーズ ライトゲーム釣果レポート

本日はリップルユーザーの森さまより、RealCrescentシリーズを使用したライトゲームのレポートを頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、森さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月初旬

今回のターゲットはニジマスです。
タックルはリアルクレセント76WR/TZ

今の時期はルアーでは中々口を使わないみたいなのでリグというか仕掛けからノーシンカーの餌釣りです。
餌釣りなのにあえてのリアルクレセント76WR/TZを使用。
理由としてはある程度のレングスが欲しかったのと喰わせた時に違和感を持たせにくいティップを持っていたこと。

餌釣りと言ってもイメージはルアーと似たような物です。
魚がいるところに流れにのせて送り込んで行くというやり方。
下手に操作すると違和感や流したいルートから外れてしまうためルアーロッドを使用しています。
流れの中で喰ったら餌の重さがすーっと抜けて軽くなるのがわかります。
そこで食い込ませてからフッキング

流れの中から引きずり出してこないといけないけどリアルクレセント 76WR/TZは感度もいいけどパワーもあるロッドなので問題なくよせれます。

 

そのあともう1匹追加

リアルクレセント 76WR/TZは汎用性のある使い方もできる素晴らしいロッドだと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月下旬

今度のターゲットはヤリイカ です。
今の時期になると産卵でヤリイカが寄ってきて岸から狙えます。
前々からやってみたかったエギにササミなどを巻いてやる邪道エギというのをやってみました。
使用ロッドは現行モデルのRC-81です。
ヤリイカ の繊細なあたりをとるにはピッタリだと思います!
エギもキャストできます。
投げ方は垂らしを多めにとってロッドにのせてキャストする感じでキャストします。

メバルロッドということもあり潮流も分かるしヤリイカの繊細なあたりもわかります。
触ってるけどしっかりかからないってこともわかります。
自分の探り方としては潮流の変化を探してそこからレンジを見つけて行くという感じです。
潮流が無い時はボトムベタベタなときが多いように感じました。

ボトムをネチネチ探ってやるとRC-81のティップに違和感が出てフッキングという流れです。

ロッドのロゴが写ってないのですがロッドはRC-81です。
ちなみに使用してるのはTAPP のスタンディングスクイッド ミゼットです。
ホタルイカルアーにササミ巻いて針をイカ針に替えてあります。

連日そこそこ釣れます。

別の日です。

RC-81は長さの割には重さをあまり感じさせないです。
長いことを忘れてしまいそうになるくらい。
この長さのおかげで飛距離も稼げるので竿抜けポイントを狙って数を釣るのにもぴったりだと思います!

ホタルイカパターンもこのロッドでやりたいと思いますのでその時はまたレポート送りたいと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月19日

メバル狙いでいってきました。

使用ロッドは611JH/TZです

JHモデルとだけあってジグヘッドの操作性は抜群です。
潮の流れの変化を探して探っていきそこを重点的に狙います。
まずは探ってる段階で
カサゴ

そして変化を見つけて

27cm

さらに根が絡んだところで
コンっときてワンテンポおいてからフッキング

トルクフルなヒキが!
ロッドのバットパワーを生かしてランを止めて一気に勝負をかけてランディング

リアルクレセント 611JH/TZは潮の変化も分かりバットパワーもあるので尺メバルにもパワー負けせずによせてこれます!

ロッド:リアルクレセント 611JG/TZ
リール:12ヴァンキッシュ c2000
ライン:PE0.4号
リーダー:フロロ1.75号
リグ:ジグヘッド

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森さま、たくさんのレポートを頂き誠にありがとうございます!お次はホタルイカパターンでの釣果報告をスタッフ一同、楽しみにお待ちしております。

今回ご使用されたRealCrescentシリーズはライトリグの操作性・キャストフィールを追及したモデルです。1g以下のジグヘッドから9㎝程度のシーバスプラグもトラブルなく軽快に使用でき、シャープなキャストフィールで、強風時もライナーでキャスト可能な事。そして、尺オーバーであってもタメが効き容易に浮かせることができるブランクです。

ライトゲームに代表されるアジ・メバルを対象としたシリーズですが、汎用性能は高く、渓流やエリアトラウト・ライトエギング・ロックフィッシュ・クロダイ・シーバスなどと対象魚は幅広く、特にこういったターゲットに対し繊細にアプローチする時に、真価を発揮するシリーズです。

尚、森さまが使用されたRealCrescentシリーズですが現行モデルはヤリイカで使用されたRC-81のみで、76WR/TZと611JG/TZは廃盤となっております。

 


  1. Facebook
  2. Instagram
  3. YouTube
  4. JP
  5. EN