Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > Avarice > Avarice 110H Nano 熊本ヒラスズキ・釣果報告

Avarice 110H Nano 熊本ヒラスズキ・釣果報告

ユーザーの樫谷様より、天草ヒラスズキ釣行の釣果方向を頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、樫谷さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。熊本県天草の樫谷です。
本日ヒラスズキ釣行の報告です。

ロッド:アヴァリス110H Nano
リール:ツインパワーxd4000xg
ライン:サンラインpe 1.5号 リーダー35ポンド
ルアー:ブローウィン140s、サスケ烈風120s、トゥルーラウンド 115f等

本日は風速10メートルを超える強風とピッチの早いウネリの中での釣行となりました。

普段よりラインシステムをライトにし風と波のタイミングが合った一瞬のタイミングを見計らいサイズは出ませんでしたが獲ることができました。

強風時、ウネリが高く前に立つ事が出来ないなどアングラーサイドが不利になればなるほどこのロッドの魅力が発揮されます!次回の釣行ではこのロッドに見合ったヒラスズキを釣りたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

樫谷さま、レポートありがとうございます!時合を見定め、一瞬のタイミングで、しっかりと結果を残される。日頃よりフィールドに足繁く通われ、わずかな変化を察知できる樫谷さまだからこそキャッチできたヒラスズキでしょう!
今後も樫谷さまのレポート、スタッフ一同お待ちしております。

Avarice 110H Nanoはレポートでも解説いただいた通りアングラーサイドが不利な条件で、より性能が引き出されるロッドです。足場が不安定であったり、高低差がきつくファイトスタイルが制限されるフィールドでも、強引に魚をランディングポイントまでコントロールできるパワーを持っています。
吹き荒れる厳しい環境であっても、ランカークラスを追い求めるアングラーに、是非手に取っていただきたいモデルです。


  1. Facebook
  2. Instagram
  3. YouTube
  4. JP
  5. EN