Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > SilverStream > RED EYE 97 アカメ釣行レポート

RED EYE 97 アカメ釣行レポート

ユーザーの衣川さまよりMonsterImpact RED EYEを使用したアカメ釣果報告をいただきました!! ありがとうございます!!

以下、レポートです。


アカメと言えば高知県の四万十を思い浮かべますが、ここ鹿児島県南部も例年大型のアカメが上がっているフィールドです。
午後、まだ明るいうちにポイントに入り、夕マズメの時合いに狙いを絞ったものの、夕マズメになってもシーバスはおろか、ベイトとなるコノシロの姿も見えない。
”今日もやっちまったかな~”
と諦め掛けているうちに。とうとう辺りは真っ暗に。ちょうどその頃流れの変化に気付き、もう少し投げてみようと数投すると、フォール中にコツンと小さい当たり、だがこの当たりは以前バラシた時の当たりと同じ感じ。「来た!」、確信してアワセを入れると数回、強烈な首振り。うっ!シーバスならデカい、もしやアカメか?
それから2回3回とエラ洗いするも、暗がりで正体が判らない。根に潜られないよう相手に主導権を与えず、少しづつ距離を詰める。ようやくライトに反射した光る目と体高を確認、アカメだ! 最後の抵抗もロッドワークで難なくかわし、無事ランディングに成功。サイズは90センチ弱でした。
翌朝まだ日が昇らないうちに、もう一度同じポイントに入る、昨夜と同様シーバスやベイトの姿は見えない。しかし、昨夜の事もあるので諦めず投げていると辺りは少しづつ明るくなり始める。昨夜暗くなってから釣れた事を思うと、”やっぱりダメかな~”と思い始めた頃、今度はシャクろうするとルアーがロッドに付いてこない!
あれ? 根掛かったか? すると首振りが始まった!!
うそォ! きた! トルクの利いた引きといい、強烈な首振り、間違いないアカメだ! しかも昨夜より大きく感じる。何度か根に入られようとしたがギリギリのところでかわし続ける。時間は掛かるがそれが心地よくて楽しい! ランディングしたのは110センチ超、サイズアップ達成!!
使用したのはモンスターインパクト93。まず持ってみて直ぐにグリップの細さに驚き、正直、これでアカメ獲れるのって疑ったが、繊細さとパワーを兼ね備えたロッドで、今回根のあるところでも相手に主導権を与えず常にリード出来ました。
使用タックル
ロッド:MONSTERIMPACT 93 REDEYE
リール:01 TWINPOWER 5000PG
ライン:VARIVAS AVANI CASTING PE #3
リーダー:DUEL TB CARBON 60lb
ルアー:NORTH CRAFT AIR OGRE 85SLM
フック:CULTIVA ST66 #4
—————————–
衣川様、レポートありがとうございました!!
やはりアカメは迫力が違いますね!!
ご使用のシルバーストリーム・レッドアイ93は曲がりで大物をいなすロッドですが、現在はシルバーストリーム97レッドアイとしてリニューアルされました。曲がりでいなすコンセプトは同じですが、より曲げ込みやすく、またリリースポイントの改善を計ったモデルになっています。現在は在庫が切れておりますが、来年2月に生産予定です。こちらもよろしくお願いします!!

  1. Facebook
  2. Instagram
  3. YouTube
  4. JP
  5. EN