Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > RealCrescent 2018 re-birth model > Real Crescent 81 フィールドスタッフによる製品レビュー。

Real Crescent 81 フィールドスタッフによる製品レビュー。

最後に、猪俣氏によるReal Crescent 81の製品レビューになります。

以下、レポートになります。

—————————–

リアルクレセントがモデルチェンジすると聞き、消えて欲しく無いと思ったのが8ftのラインナップでした。
ショートロッドに細いライン合わせた繊細な釣りが、ライトゲームの代名詞ではなく、ロングロッドに太いラインを使う、豪快な釣りも立派なライトゲームです。
天候を読み、深く考え奥の奥の深みにハマるのがこの釣りです。
そこにタックルの規制はありません。たまにロングロッドを手にすると別世界が体感できます。

シーバスを狙う人なら8~10ftのロッドを使用していると思いますが、
ライトゲームの8ftに持ち変えると、軽さやシャープなブランクに、普段と違う間隔に包まれるはずです。
あらゆるリグを遠投できるブランク性能に、長さを感じさせないシャープは振り抜き・よく曲がって気がつかない所で強さを存分に発揮する。NEWリアルクレセント81は、そんな表現が出来るロッドです。

 

 

NANOブランクの利点を挙げる時に、[曲がる]と言うキーワードは外せません。
長ければ長いほど、ロッドは良く曲がります。旧81モデルよりもマイルドな設計により、感度や操作性を損なう事無く、パワーと反発力による飛距離を得られます。
大きなテトラ帯・沖のブレイク・キャロ系のリグを使うなど、81の長さが独断場の場面では、釣果へ導く最短ルートです。

 

足場の良い小さな漁港で、魚のサイズが小さくても、ロングロッドが沖のパラダイスから、驚く魚に出会わせてくれるかもしれません。
海とは、川や湖沼の様な閉鎖的環境では無いので、どの場所でどんな魚が釣れるか誰にも解りません。多種多様な魚との出会いを叶えてくれる…ロングロッドにはそんな魅力が詰まっています。
タックル準備と合わせて、携帯のバッテリーチェックやデジカメは忘れずに行きたいと思います。どんな魚が待っているか解りませんから。

 

 

ロッド: RealCrescent RC-81
リール: 16ヴァンキッシュC3000S
ライン: VARIVAS アバニジギングパワーブレイドPE×4 0.6号
ルアー: ジグヘッド2g~3g


  1. Facebook
  2. Instagram
  3. YouTube
  4. JP
  5. EN