Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > SilverStream > SilverStream 96Flows Nano シーバス釣果報告

SilverStream 96Flows Nano シーバス釣果報告

本日はユーザーの境さまより、SilverStream 96 Flows Nanoを使用したシーバスの釣果報告を頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、境さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、手に取った感じではハリがあり強い感じでした!

リールを付けたときのバランスの良さにはビックリ!!

最初は秋の大型ルアーメインで使用しようと手にいれましたが、使っているうちに7センチ台の軽量ルアーでもしっかりロッドに乗せれば良く飛ぶし感度の良さが気に入り今ではメインとして年中使っています。

今回の場所は牡蠣瀬が入っており、魚を掛けたらパワーで素早く寄せないとすぐラインブレイクをおこす場合が多く、96Flowsのパワーで楽に寄せて取ることができました!

持った感じは強めのロッドですが、流れの変化を手元に感じとる繊細なティップ、ランカーを掛けても心配ないバットの強さと、かなりバランスのとれた素晴らしいロッドだと思いました!

96Flowsは80オーバーを超えたランカーを掛けてからが本当の強さを楽しめるロッドですので、これからも使い倒していきたいです!

タックルデータ
Rod:silverstream 96Flows Nano(現行)
Reel:ステラ3000HGM
Line:PE0.8号 +フロロ22lb
Lure:DUO テリフDC

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境さま、ご報告ありがとうございました!写真で見てもわかるように、ちょっとでも主導権をシーバスに握られてしまったらブレイクの危険性が高く難易度の高そうなフィールドですね。そんなフィールドでしっかりとロッド使いこなしキャッチしているあたり、境さまの経験値の高さがうかがえます!今後も境さまからの釣果報告、スタッフ一同楽しみにお待ちしております!

今回ご使用頂いた、SilverStream 96Flows NanoはFlows3機種のなかで最もハリが強いモデルです。ハリの強さから生み出される瞬発力は、遠投性能に優れ、スピーディーなファイトや強引さが求められる場所でも魚をコントロールしやすく、主導権を渡さずランディングポイントまで誘導可能です。
もちろんFlowsシリーズのコンセプトである高感度、繊細さも持ち合わせています。フルキャストの着水点から、ルアーが受ける水流の変化を感じ取り正確にフィーディングスポットを泳がせる、96Flowsのコンセプトである「より遠く、そして繊細に」を体現したモデルです。


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN