Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

HOME > レポート > 機種別レポート&解説 > Avarice > 落鮎パターンでのシーバス釣果報告

落鮎パターンでのシーバス釣果報告

ユーザーの小西様より、落鮎パターンでAvarice 106MH NANO を使用してのシーバスの釣果報告を頂きましたので、皆様にご紹介いたします。

————————————————————————————-

2019年11月2日に落鮎パターンのシーバス釣行に行ってきました。

タックルは以下の通り。
アヴァリスはヒラロッドにも関わらず、懐の深いロッドで60cm程度のシーバスでも十分曲がります。
マルであればランカーサイズが来ても当然余裕のファイトができます♪
キャストフィールも俊逸で、リバーシーバス・サーフ・ライト青物とマルチに活役してくれそうです。
今年は4月に新島に遠征行こうと思ってますが、砂ヒラ・ライト青物のメンタックルで使おうと思ってます。
今後もこんな素敵なロッドを作り続けてください
Rod:Avarice 106MHnano
Reel:Twin power XD4000XG
Line:YGK G-SOUL UPGRADE 1.2号 200m

————————————————————————————-

小西様いつもありがとうございます‼
4月の新島遠征も良い釣果に恵まれますように‼
またの釣果報告をお待ちしております。


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN