Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > RealCrescent 2018 re-birth model > RealCrescent RC-55 エリアトラウト釣果報告

RealCrescent RC-55 エリアトラウト釣果報告

本日はリップルユーザーの寺前さまから、RealCrescent RC-55を使用したエリアトラウトの釣果報告を頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、寺前さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

友人の誘いでハマってしまったエリアトラウト。

トラウト用のタックルを一式揃えようと思っていたところ、リアルクレセント RC-55に出会いました。

今回は人生で2回目のエリアトラウトでした。

魚の活性は低いみたいですが、ファイトは強烈でした。
リアルクレセント特有の粘りで楽しみながらも主導権を渡さずにネットイン。

前回は違うタックルでバラしまくったのですが、今回はバラし0でした。
魚を掛けてからの粘りが素晴らしい竿です。

遠投した先でもスプーンの位置や魚が追尾してきたのが手に取るように分かり、
全てのバイトをフッキングに持ち込むことが出来ました。

サイズは40cm止まりでしたが、リアルクレセント RC-55のポテンシャルに驚きました。
次回は50upを仕留められるように頑張ります。

使用タックル
ロッド:RealCrescent RC-55
リール:16Vanquish C2500HGS
ライン:CHERUM AMBERCOAD SG 0.4号+ Grandmax FX 0.8号
ルアー:スプーン 1.2g~2.6g

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寺前さまレポートありがとうございます。虹色に彩られた、まさにレインボートラウトと呼ぶにふさわしい綺麗な魚ですね!バラシ0という事で、RC-55がサポートできた部分もあったかとは思いますが、前回の苦い経験を糧に、しっかりと修正された寺前さまの技術があってこそではないでしょうか。

RC-55はショートレングスにNANOブランクを融合させる事で、軽量ジグヘッド単体でのゲーム展開を行う上で最も重要なファクターである、操作感・感度を研ぎ澄ましたモデルです。レポートにもあったように遠投した先でも、様々な情報を感じ取れる繊細なブランクでありながらも、魚を乗せた後の安定感は抜群です。乗せたときには驚くほどに曲がるロッドで、パワー不足を感じるかもしれませんが、この曲がりからの復元力(反発力)が高く、このしなりが魚の動きを制限し、大物であろうと力をいなしキャッチに至ります。

RC-55はアジ・メバルを始め、メッキ、渓流のアマゴ、ヤマメなど様々なライトゲームシーンでの釣果の報告はお聞きしたことはありますが、エリアトラウトのご報告は初めてですね!是非、今後も寺前さまからのエリアトラウトの釣果報告、スタッフ一同楽しみにお待ちしております。

 


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN