Ripple Fisher リップルフィッシャー

SUPPORT

リップルフィッシャー > SUPPORT

ロッドの取り扱いについて

ロッド使用時の注意点

  • ・ロッドガイドにラインを通した状態でラインを手前方向に引き、無理な角度でロッドを曲げると破損の原因になるのでご注意ください。
  • ・糸がらみした状態でキャストをしたり、ガイドに糸を通し忘れた状態で使用すると竿が折れる恐れがあります。
  • ・仕掛け(ルアー)がトップガイドに当たった状態で、さらにリールを巻くと穂先に負担がかかり、竿が折れる原因になります。
  • ・キャスティング時は周囲に人がいないか、キャストを妨げる障害物がないか、十分に安全を確認して下さい。
  • ・高圧線・線路・鉄橋等の電線による感電に注意して下さい。釣竿は素材特性上、電気をよく伝えます。特に電線等に接触、または、釣竿を近づけただけでも感電して死亡事故の原因となります。釣り場を移動する時は竿をたたみ、高圧線・線路・鉄橋等の電線の下または近くでは絶対に使用しないで下さい。
  • ・落雷による感電に注意して下さい。使用中、雷が発生した時は、ただちに釣竿から離れ、安全な場所に避難して下さい。また、雷の発生がなくとも、釣竿から電気を感じるような時も同様に、ただちに釣竿から離れ、安全な場所に避難して下さい。
  • ・釣り以外で釣竿を使用し、電線に触れる事故が発生しています。釣竿を使用する時は、周囲の安全に十分注意して下さい。

ロッドのお手入れについて

  • ・釣行後は水洗いした後、乾いたタオルで余分な水気を拭き取って陰干しで乾かしてください。
  • ・ロッドのジョイント部が固着した場合は、継目の両側にすべり止めを当てて握り互いに逆方向へひねりながら引き抜き、継目をゆるめてください。
    どうしても抜けない場合は無理せず、小売店様より弊社アフターサービス係までお送り下さい。
  • ・ジョイント部が抜けやすいと感じる方は、#1(穂先側)と#2(バット側)を継ぐ際にまっすぐ差し込むだけでなく、最後にねじり込むようなイメージで継いでいただきますと、ジョイントの緩み・抜けといった不具合は概ね解消いたします。ただしその際、継目に異物(砂など)が付着していますと噛み込んでしまい固着の原因となりますので十分ご注意下さい。
    それでも、頻繁に緩み・抜けが解消されない場合は弊社、アフターサービスまでお送りください。嵌合部のチェックと再調整をさせていただきます。(作業代金無料・送料お客様ご負担)
    また、継ぐ際にはできる限り継ぎ部に近く、尚且つガイドの無い部分を持つようにしてください。ガイドに手を掛けてねじりますと、ガイドの歪みを引き起こしてしまいます。
    フェルールワックスなどを継目に塗布されますと、場合によっては緩みや抜けを増長してしまうことがございますので、極力ご使用なさいませんようお願い申し上げます。
    以上、ジョイント部の取り扱い方法と注意点を申し上げましたが、緩み・抜けの完全解消を保証するものではございません。差し込みの力加減やキャストの仕方、ファイトのスタイルといった不確定要素も多分にございます。最終的には実釣中のお客様の確認が不可欠です。数投に一度、込み具合とズレが生じていないかのご確認をいただきますよう、お願い申し上げます。

修理について

■修理のご依頼方法

修理をご依頼の場合は、ご購入店様もしくは弊社製品取扱店様より弊社アフターサービス係まで送付をお願いいたします。その際、保証書をご利用の場合は破損ロッドと共に保証書も一緒にお預け下さい。またブランクの折れの場合は、ジョイント部の込み合わせの調整等も行いますので、破損したパーツのみでなくロッド全体をお預け下さい。
不具合・問題により検査をご希望の場合は、ご使用状況や問題とされる状況を小売店様へ明確にお伝えください。
個人でご購入された方も同様に弊社までご連絡ください。
修理に伴う送料は片道分をお客様へご負担頂きます。弊社へお送りいただく際の送料をお客様ご負担とさせていただき、修理完了後、小売店様、もしくはお客様のご自宅へ返送の際の送料は弊社で負担いたします。

修理金額の御見積が必要な場合はご依頼される際に小売店様へご依頼下さい。
弊社にて修理製品の状況を確認後、小売店様へ御見積書を提示させていただきます。

※過去製品の修理について
リップル製品の修理につきましては過去機種に関しても大丈夫ですが、5年以上前に生産終了したものに関しましては、現在、部品・材料の廃盤等により製作が不可能なモデルもあり、その場合は修理をお断りさせていただく場合がございます。ご了承ください。

■カスタムオーダー品の修理について

2017年現在、リップルフィッシャーではカスタムオーダーの受付を中断しておりますが、以前にカスタムオーダーでご購入された製品の修理はこれまで通りおこなっております。注意点として、修理部分にカスタム仕様にされた箇所が含まれる場合、修理後のトラブルを防ぐためにもご購入された際のカスタム仕様もお教えください。弊社記録と照らし合わせ、確認をさせていただきます。

カスタムオーダー品の修理についての注意点

  • ・ガイドの交換・取り付け等は対応できますが、スレッド色の若干の差異が生じる場合がございます。ご了承ください。
  • ・ブランク折れ等による修理につきましては、グリップ周辺のカスタム部品は在庫しておりませんので、基本的にスタンダード仕様での修理となります。ブランク折れ以外にも特殊なガイド仕様などの場合はスタンダード品での修理となります。ご了承ください。
  • ・ブランクのカスタムカラーに関しては、出来る限り同じカラーを再現するように努めますが、塗料の変更・廃盤等により若干の差異が生じる可能性がございます。ご了承ください。また、カスタムカラーの修理に関しましては3週間以上の納期を必要としますので、修理担当より期間に関してご相談させていただきます。
  • ・カスタムオーダー製品の修理で、新たな仕様変更はお受けしておりません。ご了承ください。
■修理製品の納期について

折れ・パーツ交換等の場合は修理製品がアフターサービス係へ到着後、最長で3週間以内に発送するようにしておりますが、製品によっては更にお時間をいただく場合がございます。その場合は担当より修理期間のご連絡をさせていただきます。(御見積をご依頼の場合は御見積金額の了承のお返事をいただいてから3週間ほどでお考えください)
ガイド交換・スレッド巻き直し等の場合→修理製品がアフターサービス係への到着後、2週間ほどで発送させていただいております。

■保証書のご使用について

1.保証期間はご購入日から2年間です。(期間内1ヶ所・一回限り)

2.保証はお客様の正常な使用状態で故障が発生した場合のみ有効です。また、各ロッドに免責額を設けております。免責額以上の金額の場合は免責分を差引いた金額が保証の対象額となります。

3.保証書には必ず販売店名、お買上げ年月日の記入をお願いします。お買い上げ時には必ずお買上げ販売店へご確認をお願いします。記入無き場合、また訂正したと思われる場合は無効となります。なお、保証書の再発行はいたしませんので、大切に保管して下さい。

・改造後の修理に関しては、保証期間中でも責任を負いかねる場合がございます。
その他、保証規定に関しましては保証書裏面に詳しく記載しておりますのでそちらを参照下さい。

■その他ご不明な点につきましては、小売店様もしくは弊社アフターサービス係までお問い合わせ下さい。

アフターサービスお問合せ先(修理品発送先)

RippleFisher
  • 〒861-0543 熊本県山鹿市小原山口945
    TEL:0968-41-3010 FAX:0968-41-5283
  • アフターサービスお問い合わせ専用メールアドレス
    E-meil: repair@ripplerfisher.com