Ripple Fisher リップルフィッシャー

BLOG

リップルフィッシャー > スタッフブログ > 新製品解説 > SilverStream Northern > SilverStream 106 Northern Nano・サクラマスレポート

SilverStream 106 Northern Nano・サクラマスレポート

新潟県のフィールドスタッフの猪俣氏より、2019年NewModelのSilverStream 106 Northern Nanoを使用したサクラマス釣行のレポートを頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、猪俣氏のレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【海サクラを追い求めた1ヶ月】

[サクラマス]不思議な魅力を持つ魚です。

河川から飛び出した小さなヤマメが一目散に北の海を目指し、見違える程に立派な成長を遂げて日本沿岸に帰って来る。途方も無い海のドラマには、まだまだ謎が多く興味が尽きません。

なぜ釣れない[サクラマス]をアングラーは追い求めるのでしょうか?北海道を中心に広く生息が確認されていますが、各地で釣れる時期はある程度決まっています。解禁~禁漁が設定されている地域では、期間中での釣行回数は限られ、休日アングラーであれば更に少なくなります。天候や増水も含めると、1シーズンで何回通えるか解りません。そこまで厳しい環境の中でも、手にしたアングラーだけが[サクラマス]から与えられる、言葉では表現出来ない何かがあります。

私も今シーズンそれを求めて疾走する日々でした。

[Northern]を片手に海サクラを狙い、通った釣行回数は二桁を超え、ようやく手にした2本の海サクラ。清らかな水と大海原を繋いだドラマが最終回を迎えた瞬間でした。

前置きが長くなりましたが、[Northern]について書いてみたいと思います。

遠投をコンセプトに含めたシリーズですが、遠投で重要なのは[タックルのトータルバランス]です。ロッド・ライン(ラインシステム)・リール。この3つが決まり、残りはキャストするルアーです。重さ・形状・種類など、狙う魚によって変わりますが、[Northern]2機種に対してジグ&ジグミノーで書きます。

垂らしを長く取り、ブランクを最大限に曲げてフルキャストで振り切ります。ルアーが重いとパワーが上手く伝わらず、軽いとブランクを曲げる事が出来ません。2機種を使ってみて106→30g。112→40gが最も飛距離が出ます。更に106に関しては、20g前後のスプーン・ジグ・ジグミノーでも飛距離を出せます。状況が渋い時や、スプーンを使って繊細なアプローチを試みたいなど、軽く小さなルアーを使う若干フィネスな釣りでも対応可能です。波が高い時では106で40gのジグを使う場面もありますが、適応ウエイトが50gなので、こちらも問題無くキャスト出来ます。

今回の海サクラは、遠距離と波打ち際でヒットしましたが、しっかりとロッドが曲がる事でバラシを防ぎ、最後の走りを溜めていなす事で余裕を持ってランディング出来ました。それでも、海中でギラギラとローリングしている姿を見ると焦らずにはいられません…。ヘビーウエイトのルアーをキャスト出来るパワーを持ちながら、曲がり込む柔軟性を合わせ持つブランクは、様々な対象魚に対応する汎用性の高さなのかもしれません。

今でも撮影した写真を頻繁に眺めています。釣れて良かった…諦めなくて良かった…やっと釣れた…。小さな個体ですが、暫くの間サクラマスの余韻に浸ることが出来そうです。

ロッド・SilverStream 106Northern Nano
リール・18ステラC5000XG
ライン・VARIVAS アバニシーバスPEスーパーセンシティブLS8フルキャスト 1号
スペーサー・PE2.5号6m
リーダー・VARIVASナイロンリーダー20lb
ルアー・AK Craft Mari30g
フック・VANFOOK パーチフックPH-28 サイズS

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レポートありがとうございました!情報の少ないフィールドに通われ、連敗続きだったようですが、自ら開拓したフィールドでの執念の一匹。こんなに嬉しいことはなかなかありませんね!!今後もレポートお待ちしております!

今回ご使用頂いた106Northernですが、猪俣氏に詳しくご説明を頂いておりますので、シリーズの特徴を簡単に解説させて頂きます。ジグ・ジグミノーの超遠投仕様のモデルで106Northernは30g~50g・112Northernは30g~60gのコンフォートウェイトです。もちろんこれを下回るウェイトのジグも使用可能ですが、最も飛距離の出るウェイトという事でその設定にしております。また、ミノーとの相性の質問も頂きますが、もちろんキャスト可能です。しかし、ミノーイングには少々ハリが強いモデルなので、ミノーイングメインの方は103Flows NanoやAvarice 103M Nanoをお勧め致します。また、特徴であるロンググリップ仕様ですが、飛距離アップのために引手の力を最大限に伝える為の長さ、厚着をしてグリップエンドを脇挟みした状態でもリーリング時に窮屈にならない長さ、しっかりと脇に固定できるロンググリップである事がリーリング時のブレを無くしノイズを遮断し感度を向上させます。また、通常よりも細く設定したグリップは厚手のグローブでもしっかりと力を入れて握ることができるグリップ外径です。

Northernシリーズはテストフィールドが北海道であったので、Northern(北部)に適した性能をギュッと詰め込んで融合したスペシャライズドモデルです。もちろん、サーフでのライトショアジギングなど飛距離が武器になるフィールドでも自信をもってお勧めさせて頂くモデルです。


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN