Ripple Fisher リップルフィッシャー

BLOG

HOME > スタッフブログ > スタッフ釣行記 > RealCrescent RC-65 冬の風物詩メバルプラッギング レポート

RealCrescent RC-65 冬の風物詩メバルプラッギング レポート

新潟のフィールドスタッフの猪俣氏より、RealCrescent RC-65でのメバルプラッギングのレポートを頂きましたので、皆様にご紹介いたします!

以下、猪俣氏のレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【冬のメバルプラッキング】

釣り物が少なくなる時期のお楽しみが始まりました。

新年最初の釣りはメバルのプラッキングゲームです。

近年、低価格で高性能のプラグが増え、一昔前に比べるとプラグの選択肢が大きく広がりました。

小粒で愛くるしい風貌に魅了されてしまい、小さなBOXをプラグで満タンにして、釣り場に持ち込んでいます。

ポイントは、シャローに広がる海藻帯から海面までの僅かなエリア。

このような場所をジグ単で攻めると、ジグヘッドのウエイトとリトリーブスピードの調整が必要で、海藻の上を引く事を考えると非常に困難です。

プラグを使えば一定のレンジをゆっくり引く事が可能で、狙いのレンジをストレス無く攻略する事ができます。

プラグのメリットは、ピンスポットで止めて誘う、アクションを加えてアピールする、風を利用したドリフトなど、ジグ単の誘いとは異なる釣りで、アングラーの発想とプラグの性能が大きく釣果を左右します。

ロッドは「リアルクレセントRC-65」を使用しました。

ライトゲームに必要な要素をしっかり詰め込んだ、シリーズの中で中核となるモデルです。

トゥイッチングを多様するメッキ・カマスの釣りから、ジグ単で巻きのバイトを乗せる要素や、フォール時のバイトを感じ取る高感度も持ち合わせます。

1本で様々なルアーを使いこなせ、キャストフィールの感覚が手に残るロッドです。

寒い冬の夜を、マニュアル的な感覚で楽しめるのが[メバルプラッキング]です。

ライトゲームの好敵手とじっくり深く遊ぶ為には、BOXにプラグが増えて事は必然的なのかもしれません。

【TackleDate】
Rod:RealCrescent RC-65
Reel:シマノ 19ヴァンキッシュC2000S
Line:シマノ ピットブル4 0.4号
Leader:ナイロンリーダー6LB
Lure:タックルハウスSHORES ライジングミノー43 ピットスティック47・H.A.L レイブン37DEEP

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

猪俣さん、いつもレポートありがとうございます!冬の風物詩であるメバルは、広く日本に分布しており、気軽に楽しむことができる身近なゲームですが、戦略性が高く意外と難しいターゲットでもあると個人的には感じます。しかしながらしっかりと結果を残されるあたりが流石です!次回も良い釣果報告を楽しみにお待ちしておりますね!

レポートにも詳しくご説明頂きましたので、一言だけ添えますと、RealCrrescent RC-65は高い汎用性能と、キャスト精度を追求したモデルで、もちろんプラグだけではなく、ジグ単やスプリットショット、ライトキャロなど、海況に合わせて柔軟に対応したいアングラーにおススメの一本です。


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN