Ripple Fisher リップルフィッシャー

SHOP

BLOG

HOME > スタッフブログ > スタッフボイス > スタッフ釣行記 > 【釣行レポート】RealCrescent RC-77 ベイトフィネスゲーム

【釣行レポート】RealCrescent RC-77 ベイトフィネスゲーム

新潟県のフィールドスタッフの猪俣氏より、RealCrescent RC-77のレポートを頂きました!メインターゲットはチヌ&シーバスです!

以下、猪俣氏のレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ベイトフィネスで狙うチヌ&シーバス】

数年ぶりに購入した、キャスティング用のベイトリール。

軽量ルアーを扱う性能は確実に進化し、慣れない不安を解消してくれるのに、時間は掛かりませんでした。

スプールやベアリングを交換するチューニングは不要で、箱から出したそのままの状態で、ライトゲームを楽しむ事が出来ます。

近年[ライトゲーム]のカテゴリーは、細分化が進んだ時代から、汎用性と言うキーワードを元に、1本のロッドで繊細さと強さを兼ね備え、アジ・メバルを軸としながら、チヌ・シーバス・ハタ系ロックフィッシュと、他魚種を狙える機種が増えていると感じています。

「リアルクレセント」もその1つです。

夜の気温から肌寒さが抜け始めた頃、メバルのプラッキング楽しんだ春の延長線で、ベイトモデルRC-77を使用し、チヌ&シーバスを狙ってみました。

狙いのポイントに回遊して来る個体を、2g~4gのジグヘッドのスイミングで狙います。

ロングキャストと、チヌ&シーバスを確実に寄せれるパワーが、ロッドに求められます。

ベイトフィネス系とハードロックフィッシュ系の中間に位置するのがRC-77です。

ライトゲームから少し上のルアー使い、大型の魚を繊細に狙うには最適です。

張りが強いブランクは、ボトムタッチの感度に優れますが、ロッドを曲げて走らせるファイトスタイルでも対応します。

硬すぎる印象ではなく、チヌの場合は走りをロッド全体で受け止め、シーバスは走りに対して柔軟にブランクが追尾します。

リールの進化により、ベイトフィネスのハードルはグッと下がっています。

ドラグ音機能が搭載された機種も多いので、夜間でも耳で情報を感じながら落ち着いたファイトが可能です。

何事も、新しい事にチャレンジするには少しの勇気が必要です。

道具が進化によって、釣りの楽しさが増える事は間違いありません。

【Tackle Date】
Rod:RealCrescent RC-77
Reel:ダイワ スティーズCT SV TW 700HL
Line:PE0.6号+フロロ12lb
Lure:エコギア グラスミノーS・ダイワ 月下美人ダックフィンビーム / ジグヘッド カルティバ クロスヘッド2g~4g


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN