Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > RunnerExceed > 諏訪之瀬島 堤防GT・レポート

諏訪之瀬島 堤防GT・レポート

今回は、弊社フィールドスタッフでもあるIsland Hoppersの杉田さまより、トカラ列島 諏訪之瀬島の堤防GTのレポートを頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、杉田さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月初旬、1週間ほどトビウオの大量接岸が続く切石港にて、RunnerExceed 100SHH LIMTEDユーザーである諏訪之瀬島在住の東山崎様が、44kg(実測)のGTをキャッチされました。

40kgオーバーとオーバースペックな戦いでしたが、今シーズン5本目のGTということもあり、あせらず落ち着いて浮上させることに成功しキャッチとなりました。

 

 

この夜も恐ろしい数のトビウオが港内に押し寄せ、GTの活性も上がっているとは言え、刻々と変わる海の状況に合わせてタイトに攻めて行かなくては、やはり大型のGTを簡単にキャッチできるものでもありません。

今回使用された100SHHは100gから160gまでのヘビーウエイトまで幅広いウエイトのルアーを、アングラーの体に大きな負担をかけることなく長時間キャストし続けられるロッドです。

特にポッピングやフローティングミノーの操作性は抜群で、ロッドの柔軟性により水面から飛び出すことなくミスバイトを低減し、高い堤防からでも足元近くまで長距離のポッピングやミノーの操作が可能です。

私もポッピングの際は100SHHを多用しており、30kgオーバーを数本キャッチすることが出来ました。

 

 

 

いよいよトビウオシーズンも後半戦に突入し、さらなる大物を求めて頑張ります。

 

最後に、堤防GTゲームはナイトゲームということもあり大変危険を伴う釣りです。また、梅雨時期ということもあり突然の天候の変化も多いことから、ヘッドライトやライフジャケットなどはもちろんの事、ご自身を守る為の装備は十分に考慮して準備し、事故やケガのないよう注意して釣行されてください。

Rod:RunnerExceed 100SHH Limted

Reel:ソルティガ 6500

Line:バリバスSMP8号

Lure:シンキングミノー

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

杉田さま、レポート・RunnerExceed 100SHH LIMITEDの説明も詳しくして頂きありがとうございます!

東山崎さま44㎏のGT、おめでとうございます!!44㎏は私たちスタッフが把握している中では、RunnerExceed 100SHH LIMITEDのレコードフィッシュです!また、大型のタックルを使用しても簡単に獲れるようなゲームではありませんが、焦らず落ち着いてファイトが出来ているあたり、東山崎さまの技量の高さが伺えますね。

これからトビウオシーズン後半戦は、さらなる記録更新をスタッフ一同、期待してお待ちしております。

 

 

 

 


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN