Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > RunnerExceed > RunnerExceed 107BH Nano ProtoModel テストレポート

RunnerExceed 107BH Nano ProtoModel テストレポート

今回は、石川県のプロショップSeacretの谷内口氏よりテスト中のモデルRunner Exceed 107BHでの

レポートを頂きましたのでご紹介させていただきます。

以下、レポートになります。

——————————————————-

当日は風も強く吹き、潮も動いているので早朝から水深3m前後のシャローで、時折見え隠れする
瀬の際をピンポイントに狙います。

ベイトがトビウオということもあり240mmのプラグからスタートしていきますが、ミスバイトや
後ろで出るだけで乗らないため、180mmのプラグに交換して丁寧にキャスト。

すると派手にバイトがあり、反転して瀬に回り込もうとしますが、ドラグを出さずロングリーダー
とロッドの柔軟性を生かし魚の走りを止め、頭をこちらに向けて勝負あり。

8kg。

続けて、さらに沖からルアーを引いてくると瀬の

横でまたバイト!

ひと回り大きいヒラマサでしたが、ずり上げ時にフックオフ。

数ヶ所良さそうなポイントを叩くもその後はノーバイトで終了しました。

 

 

そして別の日です。この日は、午後から水深10m程度で足元が3~5m程度のポイントで夕まずめま
での釣行。

ポイント到着早々から沖合で、トビウオが青物に捕食されるシーンを確認できました。

240mmのプラグからキャストを開始すると、派手にバイトしますがルアーには触れず…。

それから数度バイトがありますがスイッチが入っていないのか乗りません。

陽も傾き始め、潮も効き出し雰囲気が良くなってきたところで180mmのプラグに交換してキャス
トします。

数投後に着水から3アクションでバイト!派手には出ませんでしたが、重量感のある突っ込み。

水深があるので、ロッドの曲がりや性能を確認しながらファイトしていき足元まで寄せたところ
で足場が高い為、落とし込みギャフを投入し引き上げます。

13kg。

何度も足元まで寄せる間に下へ下へと突っ込みましたが、しっかりとロッドが追従し走りを吸収
してくれるので安心してファイトが出来ました。

 

また別の日に朝の薄暗い時間帯からポイントに入り、沈み瀬周りを探ります。

この日は210mmのプラグからキャスト。

開始から30分経過するもバイトがないため、沖のブレイクライン沿いを遠投して探ります。

すると狙い通り沈み瀬の際でバイトするも乗らず、少し間をとってその少し沖に着水させワンア
クション入れた瞬間派手にバイトしますが乗らず次のジャークでフックアップ!

ここもシャローなので気を抜かず一気に足元まで寄せて波を利用してずり上げました。

 

9kg。

Tackle Data

Rod:Runner Exceed 107BH

Reel:SALTIST30,20HSH

Line:YGK FULLDRAG #6+ Nylon #24 10m+Fluoro #30 1m

Lure:NEZUL180(68g),Rattler210(110g)

Hook:Sergeant’ N JS-1 4/0,6/0

使用していたルアーは240mm,135g~145mm,42gまでと幅広くキャストできるので、様々なベイト
パターンに対応する事ができるため非常に釣りの幅が広がりました。

ここ最近は小さなイワシなども混じり、それを捕食している大型のヒラマサもいるため、ロッド
パワーを下げずに40~60g程度の小型プラグで狙う事ができます。

さらに良型を狙い、釣行を重ねて行きますので、また報告できればと思います。

———————————————————–

 

谷内口様レポートありがとうございました。ショアから10kgオーバーヒラマサ!!流石の一言に尽きます。

 

RunnerExceed107BHは使用できるルアーウェイトの幅が広く、あらゆるベイトパターンや、シーズンに適応できるようになっています。また、バットには10kgオーバーのヒラマサの走りをも強引に止めれるパワーを持たせています。スピニングタックルでは難しい大型の出るシャロー帯、根の荒いエリアで、様々なラインシステムを屈指してショア青物の新しい選択肢としてみてください。

なお、RunnerExcced107BHは現在最終プロト段階で今年の秋に発売を予定しております。乞うご期待ください!

 


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN