Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > RealCrescent 2018 re-birth model > RealCrescent RC-75 マイボート釣果報告

RealCrescent RC-75 マイボート釣果報告

本日はリップルユーザーの雲野さまより、RealCrescent RC-75を使用したマイボート釣行のレポートを頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、雲野さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、ボート釣行で仲間がキャッチしたマダイレポートです。

リアルクレセントRC-75を購入し、最近ルアーを始めた仲間も欲しいとのことで2人で同じロッドを持ってボート釣行に行ってきました。

私はマイクロジギングで大サバを掛け遊び、仲間はエサ釣りでアジ、サバを釣ってました。

仲間がジギングもしてみたいとのことなので、セッティングし水深93mにタングステン40gのジグを落としたところ、サバにしては引きがおかしく、タイかなと思ったら2.5キロの厚みのあるマダイが上がりました。

仲間は初めての引きに興奮しておりました。リアルクレセント75は綺麗な曲がりで、まだまだ余裕がありました。


私は帰り間際にメーターオーバーのシイラをヒットさせましたが、ジャンプされ外れてしまいました。

早く、リアルクレセントでカツオ、メーターオーバーシイラをキャッチしてみたいです。

ロッド :リアルクレセントRC-75
リール :15ツインパワーC3000
ライン :よつあみ0.6号
リーダー: フロロ2号

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雲野さま、いつもレポートありがとうございます。厚みがあり、鮮やかできれいなマダイですね。ご友人さまの笑顔を見てみると、きっとルアーフィッシングの楽しさやマダイの強烈な引きにハマってしまったことでしょう!!

雲野さまとご友人さまがRealCrescent RC-75で、今後、様々な魚に巡り合えますこと、その中で心に残る魚に出会えること、スタッフ一同期待し、楽しみにお待ちしております。

RealCrescent RC-75は、シリーズ中、最もシャープなブランクです。感度・パワーに優れており、掛けてからもしっかりと曲がり、様々な釣りにお使い頂けるモデルです。アングラーの想像次第で、ショア・オフショア問わず様々な釣りに応用できる可能性を秘めています。

その汎用性の高さから、アジ・メバルはもちろん、ロックフィッシュやフラットフィッシュ、クロダイやシーバス・小型青物等、狙えるバーサタイルなロッドです。

全国のユーザー様からの様々なスタイル・魚種での釣果報告お待ちしております!

 


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN