Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > RealCrescent 2018 re-birth model > RealCrescent RC-55 第3弾エリアトラウト・釣果報告

RealCrescent RC-55 第3弾エリアトラウト・釣果報告

本日はリップルユーザーの寺前様より、RealCrescent RC-55を使用した、第3弾エリアトラウトの釣果報告を頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、寺前さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
週末、時間ができたのでエリアトラウトに行ってきました。

先日から雨模様でしたが急激に冷え込むことはなく、雨の恩恵もありトラウトたちは高活性。良い釣行となりました。

序盤はスプーンを中心に攻めていきます。

幸先良く1投目からヒット。

スプーンの反応が悪くなってきたらプラグも投入していきます。

クランクで水面下10cmぐらいのところを引いていたのにも関わらず水面を割った45upのレインボートラウト。

このタックルでは最大のサイズでした。

40cmクラスは過去に何度も相手にしてきましたが、今回のは同じ40cmクラスでもかなり太った元気な個体でした。

このサイズを相手にしても主導権は常にアングラーにあります。

曲がり方やドラグの出方を考えてもまだ余裕ある感じです。

今回はナイロンラインで挑みました。

RealCrescent RC-55はトラウトロッドの中ではそこそこ張りがある方なのでナイロンは合わないかな?

と思いましたが、実際、ナイロンラインとの相性は良いと思いました。

正直なところ、エステルラインやPEラインよりは感度が落ちます。

しかし、比較的比重がありしなやかであるナイロンラインは、個人的にはトラウトに重宝します。

何より驚いたのは、ラインに出る違和感が手元に伝わるのです。改めてRealCrescent RC-55の感度に驚きました。

今後もエリアトラウトで使い込んでいきたいなと心から思わせてくれるロッドに出会えました。

使用タックル
ロッド:RealCrescent RC-55
リール:17Vanquish 1000SHG
ライン:AREA Master Limited SVC (Nylon) 0.3号+ Grandmax FX 0.8号
ルアー:スプーン ~2.5g・プラグ ~3g

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寺前さま、レポートありがとうございます。季節が冬へと移ろいで、レインボートラウトの婚姻色もかなり鮮やかに発色し、とても綺麗ですね。

今回はサイズも良型がそろい、とても満足できた釣行だったようですね!

また、かなり詳しいインプレッションをして頂いておりますので、補足の説明は控えさせて頂きますが、一言だけ言わせて頂きますと、やはり通常のトラウトロッドと比べハリのあるモデルです。そのハリを活かし、キビキビとアクションさせテンポよく攻めていく、掛け調子のロッドです。

今後も寺前さまのレポート、スタッフ一同楽しみにお待ちしております。

 


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN