Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > ゲーム別カテゴリー > タイラバ > Ocean Arrow 66ML Snapper でのマダイゲームの報告です。

Ocean Arrow 66ML Snapper でのマダイゲームの報告です。

新潟在住の小林様よりOcean Arrow  Snapper 66MLの報告を頂きましたので、皆様にご案内させて頂きます。

以下、小林様のレポートです。

————————————————————–

お世話になっております。新潟の小林です。

先日近海へマダイ狙いのジギングへ行ってきましたので報告したします。

今年の新潟の冬は例年にない大雪で3月時点の海水温も6度台と大幅に落ち込んでいましたが4月になって急に気温も上がり、

海もやっと春らしくなってきました。

当日は水深80mの魚礁が点在するポイントでシーアンカーを入れ、近年では定番の小型のジグでのタダ巻きメソッドで真鯛を狙ってみました。

最初は私やタイラバをやっている同船者にも何のコンタクトもなく厳しい日が予想されましたが、

しばらくするとボトムから5巻ほどでゴツゴツとアタリがあり、すかさずアワセを入れフッキングに持ち込むことができました。

この日はオーシャンアロー66MLスナッパーにPE1.5号というマダイ狙いにはやや強めのタックル
チョイスで、ドラグもそれに合わせてやや強めに入れていましたがそれでもドラグが勢いよく滑っていき、ゴンゴンというマダイ特有の硬質な叩きではなく、

グイングインと引っ張るような感触だったので最初は青物を疑いましたが、何度か走ったあと魚が水面まで浮いてくると良いサイズの綺麗なマダイでした!

今回使用したオーシャンアロー66MLスナッパーはマダイや根魚を楽しめる繊細さを持ちながら、ワラサやブリクラスまで狙えてしまうであろう

強さを兼ね備えたライトジギングではオールマイティなロッドだと思います。ベンドカーブを見るとバットでガツンと止まるような硬さに見えるかもしれませんが

実際持って魚を掛けてみると実にリップルフィッシャーらしい、

じんわりと粘り、竿全体が仕事をしているような気持ち良い感触を得られる絶妙なデザインだと感じます。

今後、もう少し水温が上がればベイトの中にマダイに加え青物やスズキも混泳するようなこともあり魚種特化のタックルでは対応しきれない

状況下でも活躍してくれる1本だと思います。

小林弘之

 

 

タックル
ロッド:オーシャンアロー66MLスナッパー
リール:オシアコンクエスト300HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ6号
ルアー:TGベイト120g


とても美しい真鯛のご報告有難う御座います。

小林様がお使いのOcean Arrow 66ML Snapper はタイラバはもちろんの事、ライトジギングやインチク、ワーム等、汎用度が高く、魚を掛けてからの粘り強さも兼ね備えており

ターゲットも真鯛、青物等オールマイティーに対応出来、グリップジョイント式となりますので遠征時のお供としてもお勧めのモデルです。

※現在、弊社に在庫がない状態で、6月生産分に若干の空き有りとなっております。

 

小林様、またのご報告スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

 


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN