Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > MonsterImpact > MonsterImpact110HH BLUE/BaitModel ショアカンパチ釣果報告

MonsterImpact110HH BLUE/BaitModel ショアカンパチ釣果報告

本日はリップルユーザーの菊池様より、MonsterImpact 110HH BLUE/BaitModelを使用した、ショアカンパチの釣果報告を頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11/12 AM6:30

ホーム三宅島の自宅近くの桟橋に釣行。

テトラ周りを撃っていると、いいアタリ!

トルクフルな引きにドラグが逆転。

良い型だと思いテトラの中から引き出すためにフルドラグにし、ガチンコ勝負。

バットの根元まで曲げるパワーにやっと耐えてキャッチしました。

80cmで体高があり綺麗なカンパチ。

Tackle date

Rod:MonsterImpact 110HH BLUE/Bait-Mode

Reel:CALCUTTA CONQUEST 400

Line:PE3.0号

Leader:80lb

Lure:Maria RERISE

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

菊池さま釣果報告ありがとうございました。

背が張り出した立派なカンパチですね!それも遊泳力が高いカンパチをテトラ帯から引きずり出したということで決して簡単な状況ではなかったとは思いますが、菊池さまの経験値があってこそ、キャッチできた一本だったことでしょう。

そして、個人的に三宅島はいつかは行ってみたいフィールドのひとつですね。魚影が濃く、澄み渡った海は憧れを抱かずにはいられません。多くのアングラーが大物を求め三宅島に足を運んだであろうと思います。

MonsterImpact 110HH BLUE・HIRA/BaitModelはベイトタックルならではのダイレクトで細やかな操作性と大物の引きにも負けない強靭バットを兼ね備えたモデルです。HIRAモデルは、強度を落とさないことを前提に、ガイド・グリップ回りを極限まで軽量化し、ルアーの操作性・軽量プラグやアゲインストでのキャストアキュラシー性能、ブランクにも全体的にハリを持たせ、荒磯であろうとランディングポイントまで誘導できるコントロール性能を突き詰めたロッドがHIRAモデルです。

BLUEモデルは、HIRAモデルとは全く別物のブランクに設計しております。細やかな操作性は保ちつつも、青物の強い引きにも伸されないように粘り強く残り、且つプレッシャーを与え続けリフトできる強靭なバット。中~大型プラグを乗せやすく弾き出すキャストフィーリング。そしてアクションエラーを起こしにくいように、ティップからベリーにかけてはマイルドに仕上げております。また、太いリーダーを組んでも糸抜けが良いようにガイド径を大きくし、すべてダブルフットガイドにすることで強度も上げております。想定外の大物がヒットしてもドラグを締め、ロッドを限界近くまでベンドさせ、トルクフルに巻き上げる。そういったファイトが可能なロッドがBLUEモデルです。

黒潮本流域に位置する三宅島は、想定外の大物が思いもしないような足元に潜み、訪れたアングラーをしばしば驚愕させる。そのような夢が詰まったフィールドにあって、数ある青物ロッドの中の一本として、MonsterImpact 110HH BLUE/Bait-Modelを選んで頂き、そしてしっかりとキャッチに至る。そのことにスタッフ一同、非常に感激しております。

今後も菊池さまのご活躍、及びご報告、楽しみにお待ちしております。

 

 


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN