Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > MonsterImpact > MonsterImpact 110HH Bait HIRA ショアヒラマサ釣果報告

MonsterImpact 110HH Bait HIRA ショアヒラマサ釣果報告

本日は愛知県の天野さまより、MonsterImpact 110HH Bait HIRAを使用した、ショアヒラマサの釣果報告頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

以下、天野さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

台風の影響で少し波立って雰囲気はいい感じでした。

ヒラマサ狙いでトップを打つも反応なし。

磯マル狙いに切り替えて足元から探ってみた所、2、3投目にしてプラグの後ろに黒い影が…

するとプラグを吸い込み反転して走り始めました。

ファーストランも親指でスプールを押さえ、ロッドの復元力のみで止めることに成功。

根に擦られながらも、11フィートのロッドの長さを利用して上手くかわすことが出来ました。

あとはショートポンピングで寄せて、ラインのテンションを抜かずに魚を誘導して8kgのヒラマサをキャッチ。

「感想としては、ショアで魚を取る際にロッドの長さはとても重要と実感。
スプール押さえてロッドを曲げた感覚でもまだ余力を感じました。
本来は磯マルやヒラスズキのミノーですが、シングルフックに換装していて良かったです。
これからも愛用ロッドとして使用していきたいと思います!

 

Rod:Monster impact 110HH Bait model HIRA
Reel:SHIMANO CALCUTTA CONQUEST 400
Line:YGK ODDPORT #4+DUEL POWERLEADER #12(2m)
Lure:DUO Tide minnow 120 LD
Hook:DECOY Sergeant’N’ JS-1 1/0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天野さま、レポートありがとうございます!

ショアから8㎏のヒラマサは素晴らしいですね!根にこすられながらもキャッチに至ったことは、天野さまの的確な状況判断があっての結果ではないでしょうか。

 

最近、ベイトタックルで青物を狙うスタイルが注目されつつありますが、敷居を高く感じることは、どうしても否めません。使用するリールの選択肢も少なく、またカスタムが必要であったり、ライントラブルにも悩ませられるといったデメリットはあります。しかしながら、実際に手に取ってみるとメリットの方が多いと感じます。

それは、

抜群のキャスタビリティー・トルクフルな巻き上げ・ロングリーダーを組める・ファイト中のラインテンションの調節などと様々な要素があります。

スピニングに対してスプールに真っ直ぐラインが入るベイトリールのメリットは多いのですが、やはりベイトタックルに対する理解は、一朝一夕では身に付くものでもないので、それなりの努力は必要です。
ただ、近年のシャローエリアでのヒラマサゲームが開拓され続けている中では、ベイトタックルは重要な選択肢だと感じています。
今回レポートを頂いた天野さまご自身も、足繁く通われ、相談されている、石川県輪島市「Seacret」のオーナーの谷内口氏は、ベイトタックルに対する深い知識、現場で培われた経験を高いレベルで持たれています。ベイトタックルの扱い方、メンテナンス、リールのカスタム等、興味のある方は訪ねてみるのも面白いのではないでしょうか。

  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN