Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > MonsterImpact > フィールドスタッフよりイトウ遠征・レポート

フィールドスタッフよりイトウ遠征・レポート

北海道在住のフィールドスタッフ日野さまより、道北イトウ遠征のレポートを頂きましたので皆様にご紹介させて頂きます。

以下、日野さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近年は公私共に忙しく、3年振りとなる道北へのイトウ遠征。
今回は1泊3日の強行スケジュールでしたが、先発隊の友人に話を聞き作戦を立てて臨みました。
広大なポイント用と接近戦用の2タックルを用意し、全ての準備を万全に済ませキャストを開始。
大場所用にMonsterImpact 110HH
接近戦用にBrownTrust 72
で挑みます。

最初に入釣したポイントは、広大なポイントで遠投し広く深く様子を見ていきます。
一見すると何の変化もない流れに見えますが、ボトムには起伏があってそこを回遊しているであろうことは察しがついたので、トレースラインをそこへ絞って探り続けます。

流れ着いたベイトは4cm程度の何かの稚魚。

小さめのベイトなのかと色々頭を過りましたが、キャスト続行。

ライガアゼリオン(スプーン30g)をフルキャストしボトムまでカウントダウン。
着底を確認しリトリーブに入りますが、推定4mを超える水深で、ラインとリーダーに掛かる流水抵抗により急激な浮き上がりによってヒットレンジを外しがちなので、リーリングスピードを調整してボトム~50cm以内を外さないように気を付けます。

開始十数分、同様にトレースしているスプーンをストップさせ再度動かした瞬間にドスンと手応え!
間髪入れず追い合わせを2発叩き込んでファイト開始。
ボトムで掛かったので、楽しめる重量感で小さくはないと確信できます。
しかし、超大型に対すべく設定したタックル各所なので引きに耐える時間などなく、どんどん寄せてランディングに入ります。
最後は浅場で強引にネットイン。

コンディションを回復し銀鱗を纏った美しい魚体に満足です。

仲間に素早く写真を撮影してもらい早々にリリース成功。

そしてこの場ではこのアタリを最後に自分には何事もなく終了。

同行した友人が1本良型を追加しこの日の釣りを終えました。

次に向かったのは中規模河川。

基本的に藪を漕いで遡行しますが、出来るところはウェーディングしてキャストリトリーブをしていきます。
生い茂る河畔林が倒れこむヘビーカバーをタイトにトレースしますが、ヒット後のファイト、自分の立ち位置とランディングポジションまで一連の流れをイメージしながら進まなければなりません。

次々に現れるストラクチャーをきっちりトレース。

水深によってはカウントしてボトムから浮き上がる動作を入れ誘いを入れると、カバーから離れたスプーンの後方に忍び寄り翻る姿。
『出た!』と思いつつ落ち着いてリトリーブを続けるとガシっと引っ手繰られヒット。

ファイト開始。

こちらも超大物を想定したタックルなのでドラグが出されることもなく、すぐに足元へ寄せその姿を確認。
それほどのサイズでもないので、ネットに入れず水中に据え置いたままハンドランディング。

その場で写真を撮影し、速やかにリリース。

ここでもその一本を獲って終了。

最終日、最初の広いポイントでロッドを振るも、濁りがきつく諦め別の河川へ移動。
ポイント開拓がてら1時間ほどウェーディングして川を見て歩き、小さな本命を見たところで今回の遠征を終了しました。

 

今回、飛距離を望む大場所ではMonsterImpact 110HHを、飛距離を必要とせずカバーへタイトなキャスト精度を必要とし、かつパワーで引き剥がすためにBrownTrust 72を使い分けました。

MonsterImpact 110HHは以前にも道北で使用し90cmクラスのイトウとファイトしておりましたので、キャスト~ファイトまでの想定はできており、予想通りの安心感でファイトを制しました。
またルアーウェイトMax70gほどは背負えるので大型のジグミノーなども安心して使用できます。

BrownTrust 72は地元道東で何度も大型魚とファイトしており、日常的に使用していて手に馴染んでいることから所変わってもなんら問題なかったですが、せっかくの遠征なのでこれまで以上の魚体とのファイトができなかったことが悔やまれます。

そこは次回以降に持ち越しとさせてもらいます。

タックル1
ロッド:リップルフィッシャー MonsterImpact 110HH
リール:16セルテート3012H
ライン:サンライン キャリアハイ6  1.7号
リーダー:サンライン ステートクラッチ 8号

タックル2
ロッド:リップルフィッシャー BrownTrust 72
リール:13セルテート2510PE-H
ライン:サンライン PE JIGGER ULT 4本組 2.0号
リーダー:サンライン ステートクラッチ 8号

LWワークス OVER100ネット

ルアー:ゴッドハンズ
RAIGA ALIVE14g 18g
RAIGA AZERION 24g 30g
本流本湖瀾竜8g12g18g

KOJIMACRAFT SAMURAI 100R 120

L.W ワークス プロトバイブ100

ウェア1
アングラーズデザイン
ネオプレミアムウェーダーⅡ ネイビー
ウェーディングヒートレインジャケット

ウェア2
ハイブリッドチェストウェーダーⅢ ネイビー
ストレッチウェーディングレインジャケット
アドバンスウェーディングシューズⅡブラック

アメリカンメッシュキャップ レッド
フェイスガード ネイビーカモ
アナトミカルタイタニュームグローブ3PROTECT
ジャガードワークキャップ ネイビーカモ
ストリームマスターベストⅡ チャコール
エクスプローラフリースジャケット
ランバーサポートベルト レッド
マルチユースバッグ イエロー
ADレザー プライヤーシース(クニペックス仕様)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日野さま、いつもレポートありがとうございます。

遠征で、しっかりと計画をたてられ、ちゃんと結果を残されて、流石の一言に尽きます!それぞれのロッドの使いわけもきちんとされており、作戦通りといったとこですね!

また、道北の雄大な自然の中で釣りをすること自体が、とても気持ちが良さそうで、憧れます!

日野さま、またレポートお待ちしております。

 


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN