Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > RunnerExceed > 「RunnerExceed 102M Nano PlugModel」アカメ・ビッグベイトゲーム

「RunnerExceed 102M Nano PlugModel」アカメ・ビッグベイトゲーム

神戸在住でリップルフィッシャーのフィールドスタッフ谷本ヒデトさまよりアカメゲームのレポートをいただきました。谷本氏は知る人ぞ知る熟練アングラーであり、アカメゲームにおいても名を馳せています。今回は大型ベイトの時期に合わせ、ルアーもビッグベイト限定のゲームです。


当日は夕方からベイトとなるボラの群れを確認しており、夜になるとアカメが捕食しに回遊してくると確信して様子を伺っていました。
最近の傾向としてベイトのボラのサイズが40センチ位と大型でポイントもかなり遠投が必要。それに伴いルアーも17センチクラスのダイビングペンシルから20センチクラスのビッグベイトが主流になるので、今回はRUNNEREXCEED102Mをチョイスしました。
予定通り日没後2時間程でボイルが始まり、なかなかセレクティブながらなんとかヒットさせる事が出来、安心してファイトができスムーズなリリースまで成功できました。
さらなるサイズアップを狙い、今後も通ってみようと思います!!
ROD   Ripple fisher
RUNNER EXCEED102M NANO PLUG MODEL
REEL  STELLA SW 5000
LINE   YGK ヨツアミ ODDPORT#3
LEADER    YGK ヨツアミD-SPEC ABSORBER 70lb
ランディングツール
SIYOUEI TOOL
ウェアデータ
Anglers-Design
エクストリームⅢベスト アーミーグリーン
フィンガーレスメッシュグローブⅡ
チェストハイソックスウェーダー
アドバンスウェーディングシューズⅡ
——————————————————-
谷本さん。レポートありがとうございました!!
流石にダイビングペンシル170mm、ビッグベイト200mmになるとウェイトは60gから100gほどになるので、青物用のランナーエクシードクラスで無いと投げることが難しいです。
谷本さんは以前よりビッグベイトでのアカメゲームが楽しんでおり、アカメゲームの奥深さを教えて貰った感じがします。特殊なターゲットに特殊なゲーム展開には固定概念を超えた発想が必要になるわけですね。タックルにも戦略にもまだまだ可能性がありそうですね~。またのレポートをお待ちしております!!
ちなみに、今回のビッグベイトゲームには厳しいですが、シルバーストリーム・レッドアイは87・97共に今からのご注文で11月納期になりますので、こちらもよろしくお願いします。2017年モデルよりナノアロイ素材採用で投げやすく、耐えやすくなったことで、アカメ狙いではややライト寄りの使用感にはなりましたが、非常に扱いやすくかつパワーを秘めたロッドに仕上がっております。ランカーシーバス狙いや、ビッグルアー専門のアングラーの方にもお勧めです。

  1. Facebook
  2. YouTube