Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 北海道 海サクラマス Avarice106MH NANOでの釣果報告

北海道 海サクラマス Avarice106MH NANOでの釣果報告

北海道の斎藤様より海サクラの釣果レポートを頂きました。

ご使用ロッドはAvirice106MH NANOです。

—————————————————

【ユーザー様レポート】
4月上旬北海道  沖から岸にかけて海サクラマスシーズン到来。

”今年は例年にない良型サイズ”との声もちらほら聞きはじめ早速ポイントへ足を運んだ。

この日は波、風共に強く大時化。

外海波消しブロックの入ったサーフに面した堤防に入り、爆風をかわす湾内に入ってくるであろう海サクラマスを狙う。

波と風の状況を考慮し、Avarice 106MHを使用。

薄暗いうちからAKcraft winds 37g(ハイカラーの物)をキャストしてリーリング繰り返す事数投目、海サクラマスが掛かるも、フックの掛かりどころが悪くフックアウト。

海サクラマスがいることを確信し、回遊しているであろう同じコースをうちつづけるもアタリもないまま時間だけすぎた。

そこで、ローアピールカラーのルアーにチェンジしたところ、リーリング中に「コツ」と違和感を感じ、すかさず同じコースでアクションを変えて探ってみる。

ィップで軽く弾いてあげるような柔らかいタッチのリアクションをかけ、海サクラマスとの食わせの間をとった一瞬のステイからの巻き始めに「ドン‼」とバイトと共に良型サクラマス特有の抑え込まれるような引きと首振りをはじめる。

Avarice 106MHの感度は無論、トップからミドルにかけてすなおな曲がりで不意な魚の抵抗もカバーしてくれ、ファイト中は余裕をもって海サクラマスをいなしながらよせることができた。

堤防に近づくにつれ、海サクラマスも抵抗見せたがAvarice 106MHのパワーで余裕をもって良型海サクラマスをランディングすることに成功した。

トルクのある海サクラマスに調度いいロッドだと思いました!

【タックル】
Rod : Avarice 106MH NANO
Reel : Stella SW4000XG
Line : メイン よつあみG-soul X8
スペーサー  サンラインCastaway1.5号10m
           リーダーよつあみ GALIS  FC6号1.2m
Lure : AKcraft  winds  100mm   37g
—————————————————
齋藤様、釣果レポートありがとうございます。

また、今回あげられた海サクラは約3.7kgと、立派なサイズキャッチおめでとうございます!

Avariceシリーズはヒラスズキロッドとして開発されたモデルですが、逆風を撃ち抜き、潮を縫うという海サクラマス釣りのフィールド状況がヒラスズキ釣りに似ていることから、最近北海道近辺でご使用頂くことが増えてきました。

他にもマッチするモデルについてご紹介しておりますので、

詳しくは☟を是非ご覧くださいませ。
海サクラロッド選び

  1. Facebook
  2. YouTube
  3. JP
  4. EN