Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > SilverStream > 「Silver Stream 87 REDEYE Nano」大分県河川シーバスのご報告です。

「Silver Stream 87 REDEYE Nano」大分県河川シーバスのご報告です。

 

大分の梶原様より

 

——————————————-

今年の6月は例年より非常に厳しい状況が続いたように思える大分市内河川。

 

私がホームとする大野川もイナッコが大量に溜まっているにも関わらず、厳しい状態が続いていた。

例年ならば頻発とは言わないまでも少なからず単発のボイル或いはイナッコがシーバス追われるシーンが頻繁に見られた。

しかし、今年は本当にそのような本来のイナッコパターンには程遠く、魚の着きが悪いというか、絶対数が少ないように思えて仕方ない。

それは何が原因なのかははっきりと断定はできないが、幾つか自分の中では心当たりはあるが、あくまでそれは憶測に過ぎない。

 

ただ、そんな厳しい中で漸く最近梅雨らしい恵みの雨が降った。

それまで渇水気味だった河川も水量が増え、薄いながらも濁りが入った。

 

仮に私が考えるように現状例年に比べ、絶対数が少ないとしても魚が0ということは絶対無いと考えていた。

 

例年に比べれば魚の数は少ないかも知れないが、この雨の影響で魚の活性が上がり、プレッシャーは下がると予測。1、2回チャンスはあると思っていた。

 

そんな中でのナイトゲーム。

この日は19時過ぎからロッドを振っていた。

 

潮位に合わせポイントを変え、その時間その時間に過去のデータやベイト、直近の状態を加味した確率の高い選択をしたつもりでいたが、時間ばかりが無情にも過ぎ去っていく。

 

大きなプラス要素となり得る雨が降った後にも関わらずこうも厳しいのか・・・とこの日何度も思った。

 

ただ、どうしてもシーバスに出逢いたく、必ず釣ると心に誓い粘りに粘っていた。

 

 

満潮下げのチャンスタイムで出せず、気付けば既に上げに入っていた。

上げではなかなか流れが出ずに難しい為に、常に流れがある上流部へと移動し、投げ続けた。

 

それでも、全くのノーバイトで流石に諦めかけたが、最後の最後ポイント内にある明暗部上流側へと入った。

 

普段はほぼ入らない場所。と言うのも普段は流れが速すぎて、シーバスがあまり着く明暗では無いから。ただ、潮がこの日は大きく上げが効き、純淡水エリアながら川の水が押し戻され、上流からの速い流れが相殺され、シーバスがステイできる丁度良い流速にまで落ち着いていた。

 

薄いながらも濁りが入っているから、平常よりは低プレッシャーの筈。

居れば早い段階でバイトが出るだろう。

 

その読みは当たった。

明暗の境が僅かに動いたのを見逃さなかった。すかさずそこにNarage65を引きしろをとって入れ、表層をスローにトレースすると、力強く激しいバイトが出た。

 

いつもより流速が落ちているとは言え、流れが速く、もたつけばあっという間に

魚が下流へと流され、フックアウトのリスクが生じる。

 

それを防ぐ為にファーストランをドラグを一切出さずにREDEYEのバッドパワーで受け止め、休まずに強い流れから一気に引き剥がし、手前の緩みへと誘導した。

 

ベイトを食っているのだろう、豪快なエラ洗いを連発し、流れも重なり、非常にパワフルなファイトを見せてくれた。

 

最後は手前でのフックアウトを防ぐ為にドラグを緩め、少し体力を奪った後にフィッシュグリップでランディングした。

 

前日19時過ぎからキャストを始め、漸くキャッチできたのは日付が代わり深夜3時のことだった。

 

とてつもなく一本が遠く感じたが、この一本で苦労が報われたように感じた。

今振り返ってもこの日この貴重な1バイトを逃していれば釣れて無かっただろう。

 

上流部の流れはかなり速く、その流れの中でのファイトにはそれに対抗できるロッドのバッドパワーが要求される。

 

このREDEYEは激流の中でも何のその、バッドで受けとめ一気に寄せきるパワーがある。

この日のシーバスにも何もさせずにキャッチに至った。

 

これが仮にパワー不足のロッドを使っていれば、獲れていなかった可能性もある。

 

流れが普段より緩いとは言え、下流や中流域には無い激流の中でREDEYEで初めてシーバスを掛けたが、ファイトに余裕があり、ヒット時から獲れるという安心感があった。

 

貴重な1バイトを物にできたのは安心のタックルも大きな要因だったように思えてならない。

 

 

【Tackle Date】

ROD:Ripple Fisher Silver Stream 87 REDEYE Nano

Reel:SHIMANO 14STELLA C3000

Line:山豊テグス STRONG8 1.2号

Leader:山豊テグス   フロロショックリーダー25lb.

Hit Lure :BlueBlue Narage65

 

———————————————–

梶原様、前回に引き続きご報告ありがとうございます。

約7時間の沈黙、梶原様の集中力恐れ入ります。価値ある一本です!

またのご報告を楽しみにしております。

 

今年5月にリニューアルした「RED EYE」シリーズ。

レングスだけではなく、細部にも拘っております。

 

まずはNano素材を使用したブランク。

 

前モデルに粘りをプラスしております。

ガイドはチタンのSリングを採用し軽量化、更にシャープさと感度をUP。

 

ジョイント部分には印籠継ぎを採用し、長時間の連続使用でも緩みにくくなっております。

 

開発コンセプトは高知県の河川・サーフでのアカメを獲る為のものですが、その軽快さから河川のランカーシーバスやヒラスズキ、また40gを超える大型ペンシル・ミノーのビッグプラグ使用のシーバスゲームからオフショアカツオキャスティングなどなど、ターゲットを選ばない調子に仕上がっております。

 

 

RED EYE97は弊社に在庫がございます。

 

これからの雨降り後の河川シーバス、または秋口のランカーシーバスにいかがでしょうか?

オフショアのカツオキャスティングにも重宝いたします。

 

 

 

 

 


  1. Facebook
  2. YouTube