Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > SilverStream > 「RippleFisher SilverStream RED EYE87 Nano」筑後川シーバス-vol.2

「RippleFisher SilverStream RED EYE87 Nano」筑後川シーバス-vol.2

佐賀県のフィールドスタッフM氏より、筑後川シーバスのご報告です。
昨日に引き続き90オーバー連続キャッチです。

 

Tackle

Rod : RippleFisher SilverStream REDEYE87 Nano

Reel : Shimano Vanquish4000XG

Line : YGK G-soul UpgradeRE X8 #1.5lb

Leader : DUEL HARDCORE POWERLEADER 40lb

Lure : TACKLE HOUSE Tuned K-TEN TKW140

 

Date : 2017.04.15

Location : Chikugo River

Angler : MoA

 

2017 PRODUCT RippleFisher

SilverStream REDEYE87

実釣コメント

 

今回選択したポイントは地形変化、濁りの明暗、ベイト、流れが絡む好ポイント。

こういう所は、全てのバイオリズムさえ合えば勝負がはやい。

 

ガチンコファイトが必要なポイントなので、今回はREDEYE87を手に挑んだ。

 

『巨鱸よ!着いててくれ!』と願いながら、ラインテンションを調整し瀬上へ流れにのせて送り込んでいく。

そして2流目でヒットし、ガチンコファイトで1mmもドラグ出さず90オーバーをキャッチすることができた。

 

REDEYEは名のごとく、30㎏級のアカメや巨鱸クラスを捕る為のパワーロッドシリーズです。

旧モデルよりも更に・パワーと粘りがアップしているように感じました!

 

今回のように1mmもドラグ出さずに巨鱸クラスと真っ向勝負できるパワーを持たせてあります!

特にある程度ロッドに負荷がかかった状態からの強靭な復元力と粘りには驚かされ、障害物からの引きはがし・誘導は安心して楽に対応できました。

 

驚くべきところはパワーだけではありません。

ロッド全体のバランスはもちろん、軽く持ち重りも感じず、ショーグリップ仕様ですので操作性・アキュラシーもよい仕様となってます。

またティップ部分は繊細さも持たせてあり、小型ミノーから大型ミノー、鉄板バイブ(10~40g以上)の幅広いルアーをストレスなくキャストし易いです。

 

ショアだけではなく、ボートからのシーバスや小型青物(ブリ・サゴシ・シイラ等)のキャスティングロッドとしても使用できると思います。

 

私自身、初めてREDEYEシリーズを実釣で仕様させていただきました。

Nanoブランクの特性とジョイントの印籠継ぎの恩恵は大きく、繊細さ・操作性とパワー・粘りの相反する性能を融合させた新次元のパワーロッドだと思います!

 

Mさんご報告ありがとうございます。

2日連続で90オーバー、しかも2投で仕留めるとは流石です。

またのご報告を楽しみにしております。

 

コメントにもありましたように、Nano素材採用により高付加をかけた際の粘りと復元力を持たせております。また印籠継ぎによりジョイント部分の緩みも格段に解消され、長時間の打ち込みにもストレスや不安を感じさせません。

 

RED EYE87 / 97共にリリースは、5月末を予定しております。


  1. Facebook
  2. YouTube