Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > ロッドについて > 旧機種との比較など > 「RippleFisher RunnerExceed 103H」 原田様より大分鶴見の沖磯、鰤プラッキングのご報告です。

「RippleFisher RunnerExceed 103H」 原田様より大分鶴見の沖磯、鰤プラッキングのご報告です。

Tackle
Rod : RippleFisher RunnerExceed103H
Reel : SHIMANO STELLA14000XG 
Line : VARIVAS SMP#6号   Prosele Nylon 130lb
Lure : Trippers Tanguera

大分県鶴見 沖磯

ご本人様コメントです。
バットパワーがあるのでブリですがゴリ巻きで浮いてきました。

原田様、ご報告ありがとうございます。
ショアからの立派な鰤お見事です。
またのご報告をスタッフ一同楽しみにお待ちしております。

ご検討中のお客様より、RunnerExceed103HとRunnerExceed103H Plug Modelどちらがお勧めですか?とお問い合わせを度々いただきます。
大きな違いは、キャストフィーリング と 操作性になります。
硬めでシャープなキャストフィーリングがお好きな方、ポッパーの小刻みなシェイクや意図的に動かしたい方には、103H。
胴に乗せるようなキャストフィーリングが好みで、操作面に関してはオートマチックな点を求める方には、103H PlugModel。
足場の悪い荒々しい磯でのファイトに慣れていない場合は、曲がりこみやすい103H Plugがお勧めです。
ジグの使用が多い方は、103Hになります。
103HPlugModelでもジグの使用は可能ですが、操作性が若干落ちます。

今年6月に103H Plug Modelは104H Plug Model Nanoとしてリニューアルいたします。103H PlugModel のバットパワーを若干落とし、リリースポイントが広がり、Plugの操作性もよりイージーになります。

お求めの方は、最寄のお取引店にお問合せください。


  1. Facebook
  2. YouTube