Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > MonsterImpact > 「RippleFisher MonsterImpact Avarice110HH BAIT Model Blue Runner Model」フィールドスタッフ深瀬氏よりショアヒラマサの報告です。

「RippleFisher MonsterImpact Avarice110HH BAIT Model Blue Runner Model」フィールドスタッフ深瀬氏よりショアヒラマサの報告です。

深瀬氏コメント

「Monster Impact 110HH BAIT MODEL(青物メインモデル)」にて釣果を上げることが出来たので報告させて頂きます。

今まで「110HH」のスピニングモデルを使用させて頂いてましたが
今回、ベイトモデルを使用して地元の磯に行ってきました。

当日は多少の波とウネリが入りヒラスズキにも持って来いの状況でしたが、残念ながら
今までとのとロッドの違いに対応できずにキャッチ出来ませんでしたが、MAX70グラムのロッドですが下は15グラム程度からも投げることが出来、慣れた方ならこれ一本でヒラスズキも兼用で行けるのではという印象でした。

また実際に、青物を掛けてからは粘りが強く、ベイトロッドの特性を活かした力強いファイトをすることが出来、瞬時にクラッチを切り、根を交わす為の糸を出す操作などベイト特有の持ち味を活かした操作が出来ました。

今回は、ミノーによるキャッチでしたがヤハリ、スピニングは当たり前ですが、青物用のベイトロッドですが小型のミノーをジャーク出来、操作出来る事により、バイトを得られ食わせれたというのが釣果をもたらしてくれたのではと感じます。

スピニングと、ベイトと大きな違いを感じる事が出来、今回良い経験ができました。

Rod : RippleFisher MonsterImpact Avarice110HH BAIT Model Blue Runner Model
Reel : AVET SX 6/4-MC
Line:PE #3
Leader : Nylon50lb
Sunglasses : COMBEX N2 injection Spx ミドルグレイ

 

深瀬さん、いつもご報告ありがとうございます。
しかしながらショアから毎回コンスタントあげる釣果は流石です。

ベイトタックルの利点を生かしながら、またベイトタックルの癖を克服しながらの一本は格別なものになります。
今回使用した、MonsterImpact Avarice110HH BAIT Modelには、ヒラスズキモデルと青物モデルがございます。青物モデルはファーストテーパーになり50gクラスのプラグのキャスト操作がよりやりやすい調子になっております。またガイドもダブルフット仕様になっており、リーダーシステムの抜けもよくなっております。
ヒラスズキモデルは、スモールルアーもキャストできるように少々胴に乗りやすい調子に仕上げ、ティップセクションのガイドはシングルフットへ、より繊細なキャスト操作に適した仕様に仕上げております。
また使用するリールに応じてリールシートサイズも違います。

詳しくは最寄のお取引店、または弊社までご連絡ください。