Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > MonsterImpact > 「RippleFisher MonsterImpact Avarice110HH BAIT Model HIRA Model」兵庫県の成尾京華さんより、故郷鹿児島県甑島でのヒラスズキ・ヒラメのご報告です。

「RippleFisher MonsterImpact Avarice110HH BAIT Model HIRA Model」兵庫県の成尾京華さんより、故郷鹿児島県甑島でのヒラスズキ・ヒラメのご報告です。

Tackle
Rod : Ripple Fisher Monster Impact Avarice110HH BAIT Model HIRA
Reel : Daiwa z2020 SHL BLACK LTD
Line : YGK G-Soul Super Castman Blue Special WX8 2.5号
Leader : Prosele nanodax casting shockleader 50lb
Lure : JUMPRIZE kattobibou(かっとび棒)130 38g / ChataBee 85

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!
休みに甑島に帰省した際に嬉しい魚を釣りましたので報告させていただきます!
今回初めてのベイトへの挑戦でしたが、私の師匠でリップルのユーザーである浜辺さんに使い方を教えていただきキャスト練習をしましたが、ベイトは投げてるだけで楽しいです笑
翌日、中潮 下げ2時間でポイントへエントリー、とりあえず、少し風があるなかミノーを投げるか反応がない、もう少し飛距離を稼ぐためにジャンプライズのかっとび棒130 を沖にキャスト!まあよく飛びます笑 そして、ベイトはリフトアンドフォールがとてもしやすいです。リフトアンドフォールしながら底を丁寧に探ります、手前のブレイクに差し掛かったところ巻きあげでヌルっとティップに重みがあり、あわせを入れるとグイグイ走る、甑島ではスジアラや、タバメなどがよくかかり、障害物に入られまいとゴリ巻きすると、なんと上がってきたのはナイスサイズなヒラメ!!タモもなにもない!さあ!どうする、考えた末、ボガグリップで豪快にずり上げました(笑)
鱗付けがヒラメになるとはいい年になりそうです!!

翌々日、甑島を出る朝ヒラスズキを狙いに朝まずめ行ってまいりました!ヒラスズキとゆうものの凪でしたが、朝の回遊を期待した釣行となりました、潮に乗せながらジャンプライズのチャタビー85をリトリーブ、手前まで来たところでキラッと魚が反転したと同時に竿から重みを感じ、アワセをいれると、エラ洗いを何回もされ、バレると思いましたが、竿が吸収してくれ、無事キャッチに成功いたしました!
MI Avarice110HH Model HIRAはヒラスズキの暴れにも竿が素直に曲がってくれ、障害物へ突っ込む際は魚をしっかり浮かせてくれ、とても使いやすい印象です!
またヒラメのアタリもティップがグッと入ってくれたおかげでバイトを弾くことなく、キャッチすることができました!!
竿の性能を肌で感じた釣行となりました。

京華さん、いつもご報告ありがとうございます。
故郷甑島での初釣り、しかもファーストヒットがヒラメとは良い年になりそうですね!
鹿児島県の西沖に位置する甑島。ヒラスズキはもちろん青物、そして強烈な走りを見せるタマン(ハマフエフキダイ)やスジアラがターゲットとなります。そこでボトムを意識することも多々ある場面でも、ベイトモデルのロングロッドは大変重宝します。
MonsterImpact Avarice110HH BAIT Modelはヒラスズキモデルと青物モデルの2タイプございます。ブランク調子はおちろんガイドやリールシート設定も異なりますので、ご検討中の方はベイトタックルに詳しいショップさん、もしくは弊社までお気軽にお尋ねください。


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN