Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > MonsterImpact > 「RippleFisher MonsterImpact 110HH BAIT Model HIRA」千葉県よりヒラスズキ / ヒラメのご報告です。

「RippleFisher MonsterImpact 110HH BAIT Model HIRA」千葉県よりヒラスズキ / ヒラメのご報告です。

 

横浜県にお住まいの吉野様よりご報告いただきました。

 

Tackle

Rod   MonsterImpact Avarice110HH Bait Model HIRA

Reel   EXSENCE DC LEFT (2017)

Lure   K2F142、かっ飛び棒、〆バイブ等

Line   PE1.5号

 

平鱸、鮃が釣れましたのでご報告致します。

平鱸は沖のサラシで良型、その他アベレージサイズが連発しました。

サイズは疎らですが、80cmが1本とれましたので、ロッドとリールのダブル入魂としては出来過ぎでした。

オマケに鮃も70upが一枚とれました(笑)

 

 

80m程沖の磯スレスレにキャストが決まった後にサラシの中をテンションフォール、巻き始めにドスンという感じでのヒットでした。

手前には頭を出した岩が点在、おまけに根がキツい浅場ということもありロッドを思い切り立てつつ一気に30m手前まで寄せると派手なエラ洗い、慌ててクラッチを切って落ち着かせると今度は一気に20m近くを走られましたが、再びロッドを立てて応戦するとあっさり釣れました。

 

 

愛用しているAvarice110MHもパワフルですが、110HHは数段階上のパワーがある事実を身を持って感じる事ができました。

ちなみにパワーがあっても、かなりいい感じに曲がり込むので、魚の急な走りや突っ込みにも対応できる上、ベイトモデルということもありエラ洗いにはクラッチを切って対応と色々と楽しさも増えました。

ベイトタックルは超初心者で下手ですが、色々な攻め方ができるので釣り自体が更に楽しくなりました。

Avarice110MHとMonsterImpact110HH(Bait)を状況に合わせて使い分けつつ、これからも色々と探求しながら楽しく釣りができそうです。

 

 

素晴らしいロッドを購入させて頂き、有難うございました。

 

吉野様、いつもご報告ありがとうございます。

入魂が80cmとは忘れられない釣行になりましたね!

私たちも思い出の魚との出会いのお手伝いが出来たこと心より嬉しく思います。

またのご報告を楽しみにしております。

 

スピニングリールと比較するとより細かなライン捌きが手元で行え、様々なゲーム攻略が可能になります。ゲーム性も更に高まるベイトタックル。

今回使用いただいた「MonsterImpact 110HH BAIT Model HIRA」はモデル名のようにヒラスズキに特化した仕様となっております。

よくお問い合わせを頂く、110HH BAIT Model Blueとの違いに関して。

先ずリールシート、HIRAモデルは、ロープロタイプのリールへのホールド性能を考えTCS18(以前は17)を、青物モデルは300番LD20クラスとのバランスを考慮しT-DPS20を装着。ガイドはHIRAモデルは、より軽快でシャープなフィーリングを実現する為にTOP7スタートしティップ数個はシングルフットに、青物モデルはロングリーダーシステムに対応すべくTOP8スタートのオールダブルフット仕様となっております。

一番の違いはブランク。HIRAモデルはスモールルアーのキャストにも対応できるようにレギュラーテーパー、青物は50gほどのプラグのキャストを優先に考えファーストテーパー設定となっております。

微妙な違いですが、全く違うモデルになります。

 

どちらも年一回の生産になっており、HIRAモデルは今月完売いたしました。

BlueModelは7月生産になりますが、お陰さまでこちらも全本数ご予約を頂いております。

店頭在庫としてお持ちのショップさんもございます。

 

タックルバランス、ご相談は最寄のお取引店へお問合せください。