Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > 機種別レポート&解説 > MonsterImpact > 「RippleFisher MonsterImapct Avarice110HH BAIT Blue」鹿児島県甑島よりヒラスズキのご報告です。

「RippleFisher MonsterImapct Avarice110HH BAIT Blue」鹿児島県甑島よりヒラスズキのご報告です。

 

 

毎度お馴染み甑島の浜辺様のコメントです。

 

 

甑島は、温かくなり魚の活性も高くRippleFisherのロッドで春磯を楽しませていただいております。

 

今朝も、出勤前に春磯を楽しんでまいりました。

最近は、豪くんの影響でナイロンラインを使用してますがmonsterimpact110HH BAITとの相性もよく、飛距離は、もちろんですがナイロンの伸びが魚を暴れさせることがなく、ロッドにパワーがあるので常にプレッシャーをあたえ続け今までとは、また違った感じの釣りが出来ています。

ナイロンラインを使って改めて思ったのですが、ロッド全体で魚の走りを受け止めタメのきくロッドだと再確認させられております。

 

前のことになりますが、Aquila river customのパワーに脱帽しました。70cm近いタマンの走りも難なく止めて、難なく寄せてこれました(笑)こんなに簡単に寄せてこれたのには、ビックリしましたよ❗

 

浜辺さんいつもご報告ありがとうございます。

今回はナイロンラインで挑まれ、これまでと違ったファイト方法を楽しまれています。

年一回生産のMonsterImpact Avarice110HH BAIT Model Blueは7月生産となっております。

すでにご予約で埋まっておりますが、店頭在庫としてお持ちのショップさんも数店ございますので、お求めの方がいらっしゃいましたらご紹介いたします。

 

コメントにもありましたAquila River Custom(BAIT)はAquilaのブランクを使用した、河川シーバス・アカメ等に特化したモデルですが、こちらは廃盤となっております。