Ripple Fisher リップルフィッシャー

REPORT

リップルフィッシャー > レポート > ゲーム別カテゴリー > ボート青物 > 「RippleFisher Aquila85H+ / 711HH+ Monster」長崎県五島列島ヒラマサキャスティングレポート。

「RippleFisher Aquila85H+ / 711HH+ Monster」長崎県五島列島ヒラマサキャスティングレポート。

熊本の渡辺様よりレポートを頂きました。

 

ヒラマサキャスティングin五島

 

八谷さんと一緒に長崎の遊漁船BRAVE STAR(川崎船長)で、一泊二日の五島ヒラマサキャスティングに行ってきました。

初日開始早々、チェイスやミスバイトが続く中、同船メンバーがヒラマサをキャッチ。期待に胸を膨らませキャスティングを続けるもバイトに持ち込むことが出来ずその後、反応がなくなりポイント移動。次のポイントでは、八谷さんが12kg・9kgのヒラマサを釣り上げ、次こそはと頑張りましたが本命をキャッチする事ができず、不完全燃焼のまま1日目が終了。二日目は、ジギングからスタート!暫らくすると、青物のボイルが始まる。同船メンバーが次々にブリをキャッチする。ミヨシが空き、私も急いでキャスティング開始するも反応なし。また来るよ!と船長の言葉を信じ、次のチャンスに期待しながらキャストを続けていると、期待通りボイルが始まった。周りを見渡し右舷後方に目を向けると、サンマを追う青物の群れを発見。投げて!!と言う八谷さんの声に反応し、キャスト!若干左にそれるも、距離は十分。

チェリーパイ180(ハンマーヘッド)を2回ダイブさせたその時、水柱を上げてチェリーパイをひったくる!!喰った!!

2回、3回とフッキングを入れると、そこから強烈な勢いで走り出しファイトが始まった。魚に主導権を取られない様に、ロッド、ラインシステムを信じ、ドラグを目一杯締め込みガチ勝負!必死でロッドを支え、強烈な走りに耐え何とかリールを巻始めるも今度は、船底に向かって走り出す。何とか左舷側へ交わしそこからは、必死でリールを巻き進める。すると白い大きな魚体が見えてきた。慎重に魚を寄せて船長の差し出すタモに向かって頭を持ち上げランディング!!待望の本命ヒラマサをGet出来ました。

今回、使用したロッドは、Aquila85H+Monster。少しティップが柔らかめのセッティングで、ロッドにルアーをしっかり乗せてロッドパワーでキャストできるので、一日中振り続けても疲れないロッドです。魚がヒットしてからは、支点が手元に近い所にあり、力が入りやすく、とても溜めが効き、ロッドパワーで魚を浮かせてくれるので私の様な、非力で体重52kの体格でも軽快にやり取りすることが出来ました。今回、17.5kg(自己記録)のヒラマサをキャッチできたのは、八谷さん、川崎船長の適切なアドバイスや色んな好条件が揃いキャッチに繋がったと思います。 全てに感謝です。

 

Aquila85H + Monster

 

八谷さんがキャッチした12キロのヒラマサ  Aquila711HH +Monster

 

鰤もトップでキャッチ

 

私もトップで鰤をキャッチ

八谷さん、ジギングで5キロのヒラマサキャッチ

 

今回お世話になった BRAVESTAR

 

渡辺使用 Tackle

Rod : RippleFisher Aquila85H+Monster

Reel : SALTIGA 6000GT

Line : PE#8

Leader : VARIVAS NYLON170lb(50号)

Lure :HAMMERHEAD Cherry Pay180

 

八谷さん使用 Tackle

Rod : RippleFisher Aquila711HH+Monster

Reel : STELLA  SW 14000XG

Line : PE#8

Leader : VARIVAS NYLON170lb(50号)

Lure :HAMMERHEAD Cherry Pay220

 

記  渡辺

 

 

 


  1. Facebook
  2. YouTube