Clover Advanced Special Tension Revolution
「Clover」シリーズのリリース  (シ−バスロッド)
●SeaBass「Clover85」「Clover94」「Clover103」
 
 Ripple四葉のクロ−バ−が意見るもの
  • Advanced(進んだ) 軽く軽量であるが折れない! 
  • Special (特殊、専門)特化した仕様!
  • Tension (張力) パンパン、パキパキ、シャキンとキレのあるブランク! 
  • Revolution(革命) 今までに存在しない新たなロッド!
     

 

そして
  • 4機種展開76・85・94・103
 開発コンセプト
   現存のシ−バスロッドで不満を感じるアングラ−の為に!!
   
 
キャスティング性能への不満(飛距離が欲しい)
  不満要素
・1オンスを超えるルア−を思いっきりキャストできない
・風が切れない
・ティップがついてこない
   
  →シャ−プで軽量、高反発なブランク
    高反発ブランクが風を切り、ヘッドスピ−ドを最大限にまで上げ、まれに見ない初速を実現。
ワンランク上の飛距離が稼げる。
(振り子キャストへの対応 *このキャストにより小型は10gから大型プラグ30gまでストレスなくキャスト可能)
 
 
パワ−への不満(細く折れない強靭なパワーが欲しい)
  不満要素
・強風時等、糸ふけが出ている状態でのフックキングミス
・ランカ−サイズと遭遇、曲がりっぱなしで、走られブレイク
・やり取り中、頭が誘導できない
   
  →高反発ブランクと微妙なテ−パ−設定。
    一発で打ち抜くフッキング性能と、頭を向け主導権を与えないバットパワ−を実現。
ランカ−と真っ向勝負できる、アングラ−に不安を抱かせない。
 
 
感度への不満(ロッドで流れや魚からのコンタクトをつかめない)
  不満要素
・流れがつかめない
・ショ−トバイトを見逃す
   
  →#1(ティップ側セクション)オ−ル40t(超高弾性)ブランクにより、今までにない感度を実現!
 
 
 
ロッド自重への不満 (パワ−が欲しいが重さがネックとなっていた)
  不満要素
・疲れる
・長時間集中できない
・軽いのを使いたいが、いざランカ−と遭遇したときを考えると不安が残る
   
 

→超高弾性(40t)と高弾性のパタ−ン構成によりが「軽さ」と「パワー」相反する2つの要素を実現!

   デリケ−トで扱いにくい40t、しかしリップル独自のパタ−ン構成で「破断強度」を高めました。

 
 
 

ルア−表示について

従来のシ−バスシリ−ズのMax表示とは違い、キャスティングに特化する「Clover」シリ−ズは、「Comfort」(快適)で表示しております。

その為、同じルア−表示のシ−バスロッドと比べると想像以上の硬さ(張り)を感じます。テストを繰り返した結果、ストレスなく振り切れるベストなキャストウェイトをご提案します。

 

ライン表示について

ルア−ウェイト表示同様、ベストなラインlb数を表示しております。

張りが強く硬く感じる「Clover」シリ−ズですが、あくまでもシ−バスロッドとして開発・テストしております。

取り扱い上のご注意
非常にデリケ−トな材料(40t)を使用しておりますので以下の点にご注意下さい。
   ・ロッドの収納時など無理な力がかからない様、注意する
   ・ティップ部分だけに力が集中するキャスト方法は避ける(小手先でのキャスト)
   ・ランディング時、無理にロッドを立てない(ラインとロッド角度が鋭角にならないように)
   *「つ」の字にならないよう

 

Lure ComfortWeight:24g Line16lb Class

上・中流河川・河口、河川モデルにベストな一本。

レングス:ft 5 inch 2pc  

ロッド自重:170gEVA仕様) 
フォアグリップ:
60mm

リアグリップ:280mm(リールシ−ト際からエンドまで)

シ−ト:FK7-DPS SD 18LD アップロック(ロングナット)

ガイド:オールチタンシングルガイド

 T-FST8〜T-YSG30 トップ入れて8個)

テーパ−:レギュラー

 

 

 

 

バット部分デザインは4機種共通です。(バットのみブラックマット塗装・その他は素材が透けて見えるクリア−仕上げになります。)

ブランク性能を最大限に生かすためにシンプルな仕上げにこだわっております。

 Clover85でのテスト釣果(テスター樋口氏による)

 

 

 

 

   

お客様の声(いとう様)

使い始めてしばらくしてバラシで悩んでおり、ご相談いたしました。
   以来、
1.合わせをしっかり入れること 
2.適切なドラグ設定にして、とにかくリールを巻き続けてファイトすること 
3.リーダーを長めにとること 
4.吸い込みの良い釣り方に徹すること
   こんなことに気を使いながら使い続けてみました。

結論
 その後、80cm〜60cmのシーバスを掛けたが、一つもバラさず捕り込めた。
小さいサイズは、ピックアップ時に数回バラした。

ロッドが敏感なため、サイズよりも引きが強く感じられ、その分、しっかり合わせを入れたつもりだし、これ以上強いファイトはラインブレイクに繋がると感じて少々合わせやファイトが弱気になっていたみたいで、その事を気にして釣りをすれば充分以上の性能を示すロッドだと実感した。小さいサイズはバラしてもいいやと割り切ることにしました。

バラシ病で悩んでいる中、ある方に「Clover85」は関東では難しいんじゃないと言われ意地になって使っておりましたが、むしろクローバーの方が使い易い状況を沢山発見できました。
複雑な流れにテンション弱くルアーを流しながらバイトをとり、瞬時に合わせを入れてなおかつ流れに乗る80upを難なくキャッチ出来たのは「Clover85」無しには考えられません。
圧倒的飛距離とか、感度、ルアー操作の安心感ゆとり、ファイト性能とか、このロッドを使い込むと当たり前になってしまい他のロッドが使えない状況でございます。

次に注文している「Flows810」もかなり期待です!

そんなこんなで、秋のハイシーズン、更に「Clover85」使いこんでみます。

Lure ComfortWeight:28g Line16lb Class

シリ−ズ最強のバットパワ−を誇る

河川のテトラ地帯や障害物にタイトに着く大型狙いに。

強靭でありながら、繊細。

レングス:9 ft 4 inch 2pc

ロッド自重:180gEVA仕様) 
フォアグリップ:
60mm

リアグリップ:360mm

 (リールシ−ト際からエンドまで)

シ−ト:FK7-DPS SD 18LD ダウンロック

ガイド:オールチタンシングルガイド

 (T-FST8〜T-YSG30 トップ入れて9個)

テーパ−:レギュラーファースト

Clover94でのテスト釣果(テスター樋口氏による)

テスタ−樋口氏(宮崎県在住)

 

 

ヒラ80UP

 Lure ComfortWeight:30g Line16lb Class

河口・サ−フ・磯ヒラまで。 

使えば11ft並みのポテンシャル。
強い逆風の中でも気持ちよく振り抜ける。

レングス:10ft 3 inch 2pc  

ロッド自重:220gEVA仕様) 
フォアグリップ:
70mm

リアグリップ:390mm(リールシ−ト際からエンドまで)

シ−ト:DPS SD20 ダウンロック (サイズ18への変更可)

ガイド:オールチタンシングルガイド

 T-FST8〜T-YSG30 トップ入れて9個)

テーパ−:レギュラー

   

リアグリップ:全体的に細身、センタ−は更にシェイプ

Clover103でのテスト釣果

テスタ−樋口氏(宮崎県在住)

モニタ−:八谷氏 ヒラ80Up

 

ルア−: タックルハウス TKLM120

   

ルア−:タックルハウスTKLM120

ルア−:原工房Boot120

   

ニタ−:ジェレミ−氏

レインボ−12キロUP 薩南ショアより

ルア−:UZUチンパン

 

   
   

各モデル ロッド曲がり画像は、こちらをご覧下さい。

http://www.ripplefisher.com/original/rod_seabass.htm#76

ロッド性能グラフ一覧表


TOP | 会社概要 | 採用情報 | プライバシーポリシー

Copyright 2003-2007 Ripple Fisher . All Rights Reserved