釣行日誌最新ニュース
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
  
投稿者 : ripple 投稿日時: 2016-11-15 16:55:13 (604 ヒット)

兵庫県のプロショップ アースフィールドの平山様よりお客様の釣果ご報告をいただきました。


三重県のキハダキャスティングでの釣果報告です。

晩秋のサンマナブラを待ちきれずに毎週出船しておりました。
当日は鳥ナブラも全くなく単発のボイルのみ。
2回のナブラのチャンスで各1本づつキャッチできました。


兵庫県 桑様
BIGTUNA85Fにて50kgをキャッチ。







アジを捕食しているキハダにもルグランタンゴ190の誘い出しにてバイトを誘発、安心できるリフトパワーでキャッチされました。
夏季の31kgを更新できる見事なサイズでした。


<Tackle>
Rod : RippleFisher BIGTUNA85F JAPAN SPECIAL
Reel : SHIMANO STELLASW14000XG
Line : YGK ODDPORT #6
Leader : YGK TP110lb
Lure : fishtrippersvillage LeGrand Tango190
Fook : DECOY ST-22 #5/0



兵庫県 中村様
BIGTUNA85 JPにて60圓鬟ャッチ。
このナブラでもルグランタンゴ210の誘い出しにてバイトを誘発、85JPの強靭なバットパワーにて余裕のファイト。
ファーストキハダが60kgとは出来過ぎの成果となりました。




Tackle
Rod : RippleFisher BIGTUNA85 JAPAN SPECIAL
Reel : SHIMANO STELLASW18000HG
Line : YGK ODDPORT #8
Leader : YGK TP150lb
Lure : fishtrippersvillage LeGrand Tango210
Fook : DECOY SW BIG6/0



現在、アジを大量に捕食してます。
これから晩秋に向けてサンマも入り、夢の90kgオーバーも狙える最盛期を迎えます。
BIGTUNAシリーズの活躍が楽しみです!

今回お世話になった遊漁船
アースフィールドツアー専属船 「正丸」 田中船長(三重県 熊野市)



平山様毎度ご報告ありがとうございます。
平山様のショップアースフィールドフィッシングのHPです。
http://earthfieldfishing.jp/top_blog/
随時更新中のFBはこちらです。
https://www.facebook.com/earthfieldfishing?ref=profile

アーバンスタイルのシーバスから、外洋のヒラスズキ、青物、GT、オフショアは近海ライトジギングから遠征マグロ・GTまでツアーを企画されています。

また正丸には弊社サンプルロッドを常備していただいております。
TUNAロッドでお悩みの方はお気軽に田中船長までご相談ください。
実際現場で使用可能です!

BIGTUNA87 / 710 / 77 / 85Fがございます。


投稿者 : ripple 投稿日時: 2016-11-15 16:37:15 (1175 ヒット)

文 前田大輔  画像 同行スタッフ


11月10日 長崎県の遊漁船STATUS 朝長船長にお世話になりました。

数日前までシイラナブラが沸き、超大型ヒラマサのバイトが連発している状況。
そして当日、前日の冷たい雨と時化の為水温が2・3度下がったせいか、ベイトであるシイラの姿は見えない状況だが、朝のジアイに期待。
ロッドは来春リリースの「Aquila85H」。
1流し目、チェイスはあるがバイトまで至らない。
2流し目、水中に入れる時間を長めに操作。水中でバイト! 5キロほどのヒラマサ。



ボイルはないが、ルアーへの反応は良い。
次はポイントを休ませるために、近くの瀬へ移動。
水深30m、1流し目。 水面の変化を目指し、タイミングを計りキャスト。「深場でも出やすいポイントですか?」と船長へ聞く私、「ここは結構出ますよ!」と言った瞬間、激しい水が立つ!! キャビン前でのヒット、最初はミヨシに走り出しミヨシに移動する、その後はトモに向かい走り出す。ロッドがヒラマサの首振りや走りを柔軟に吸収してくれるので、ヒラマサの走りに応じすばやい動きで移動が可能だ。リールを巻きながらトモへ移動する。真下に力強く突っ込むヒラマサをここでも柔軟に受け止める「Aquila85H」。3度ほどの突っ込みも難なく交わしランディングできたのは、10.3kgの良型のヒラマサ。








その後、モニターの深瀬氏にヒットしましたが、ヤズでした。




その後も期待しキャスティングで誘うが、やはり前日の冷たい雨のせいだろうか、ボイルもなくヒットに繋げることは出来なかった。


日中は、系列会社YAMAGA Blanksのジギングの取材。そこでは見事にジグで10.4キロのヒラマサをキャッチ!(詳しくは、YB HPをご覧ください。)



午後になると風も強くなり、大時化の予報の為、早上がりすることに。
最後、抜群のタイミングをキャスティングで狙うが、残念ながらバイトに繋げることは出来なかった。

それでも、短いジアイでキャスティング・ジギング共に良型をキャッチさせて頂けた朝長船長に心から感謝したい。


Tackle1
Rod : RippleFisher Aquila85H
Reel : STELLA SW14000XG
Line : YGK FULL DRUG#8
Lure : trippers LiberTang220

Tackle2
Rod : RippleFisher Aquila711HH
Reel : STELLA SW18000 HG
Line : YGK FULL DRUG#10
Lure : ExtremeLure DEKAGERO OSUGI


Detail Page for Aquila85H /711HH
http://ripplefisher.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1865


FishingBoat : STATUS
http://status.rash.jp/


投稿者 : ripple 投稿日時: 2016-11-12 16:47:33 (724 ヒット)




以下テスター谷本氏のコメントです。


先日アカメ狙いで釣行しました。
最近の雰囲気から比較的大型のボラやコノシロ等のベイトを捕食しているのを確認していたのでアピール重視で全くのためらいもなく21cm100gクラスのビッグベイトで押し通したところやはり素晴らしいコンディションのアカメとヒラスズキをキャッチでしました!最高のパフォーマンスでビッグベイトを手前の本流の帯の沖側のヨレで漂わせヒットに持ち込めました!


Tackle
Rod : RippleFisher clover103
Line : YGK ヨツアミG-SOUL x8#2.5
Leader : CASTMAN ABSORBER 80lb
Lure :Bigroid 210 3.5ozClass

その他
アングラーズデザイン
アルティメイトレインジャケット
エクストリーム轡戰好 アーミーグリーン
フィンガーレスメッシュグローブ
トライアルブーツフットウェーダー







谷本さん、いつもショアの度肝を抜くご報告ありがとうございます。
アカメに大型ヒラスズキ、しかもビッグベイトで!
楽しすぎる価値ある一本ですね!
そんな特殊なスタイルを実現する為に、「Clover」がお役に立てたこと私たちスタッフも嬉しく思います。

「RippleFisher Clover103」
飛距離、感度、キレのある強靱さ、フッキング性、追従性とかなり特化した仕様ですが、使い熟せば究極のシーバスロッドと言えます。
しかしながら、現在は廃盤となっております。
次世代Cloverが実現する日を私たちスタッフも楽しみにしております。

(注:今回100gをキャストしておりますが、これはスペックを大きく上回っております。
Cloverはコンフォートウェイトは30gの表示になっております。あくまでも自己責任の上キャストフォームやスイングスピード等を調整しながらキャストを行って下さい。100gをキャスするには相当な技量が必要となってきます。)


投稿者 : ripple 投稿日時: 2016-11-12 16:20:37 (606 ヒット)




以下、岡本氏のコメントになります。

釣行日 2016年11月初旬 

場所:千葉地磯



【RunnerExceed 102(No.3)】を開発し始めて、中々いい魚出あえない日々が続いておりましたが

ようやくまともな魚と出会えました。

ここ最近は北東風が吹き荒れ、海のコンディションが良くない状況が続いていましたが

水温が徐々に落ちてくるとベイトが接岸し始め、ベイトに着いてヒラマサがシャロー帯まで突っ込んできます。

この日も昼頃からベイトが接岸し鳥山が出始め、場所を変えながら鳥山を追って行きます。

風が強く、波が高い状況でしたが、すぐ近くのワンド内にベイトが入りスーパーボイル!

向かい風の為、ジグしか投げれない状況でしたが、ジグが着水しスラッグを取るとすぐにヒット!

水深が1〜2mのドシャローの為、強引に寄せてきましたが思った以上に竿のパワーがありすんなりと寄ってきます。

まだまだ、ボイルが続き3連続ヒット!流石に沖でのヒットで3連続はきついですが何とか7kgアップ3本キャッチ出来ました。

ランディング時に波をまっている時も魚をコントロールでき、バットがしっかりと残ってくれる為、楽に感じます。



千葉等の平磯釣行ではウエットスタイルでの釣行が基本スタイルになりつつあります。

同じポイントでヒラマサ、平鱸、真鯛など様々な魚種がヒットする中で、ロッドは2本持って行きたくない。

ヒラマサは平鱸をやっている中でミノー系ルアーのヒットがかなり多い気がします。平鱸ロッドではパワー不足。

ただ強いショアジギ゛ロッドでは操作しづらい。どうしてもタックルを1本で済ませたい。その1本にもってこいです。



No.2よりもティップからバットまでの入りがとてもスムーズになり、粘りもありキャストブレも少なく抜けも良いです。

以前に比べ格段に軽いミノー系が投げやすく感度も上がっています。

Nnaoブランクを仕様しているので、103HPlugModelのようにテッィプはあまり柔らかく感じないですが、

ライトモデルなのでティップは良く入るイメージです。硬すぎず、柔らかすぎず不思議な感覚のロッドです

また釣果が上がり次第レポートしたいと思います。



タックル

Rod : RippleFisher RunnerExceed 102(No.3)

Plug20g〜70g、Jig〜90g PE#〜3号 リール S社:5000〜6000 D社:3500〜4000

20g前後のミノー〜60gまでのペンシルをメインに考え、PE#3号クラス

Reel : Simano 13STELLA SW6000HG

Line : よつあみ オッズポートWXP1 8 #3

Leader :ナイロンorフロロ12〜16号

Lure:ランページ160FH、Cutback Herring、Current、トランペット140,170

メロン屋工房ウィークベイト90g、CakraJig Delta60,80g、WeakBait70,90g、SkillJig-L90g

タックルハウス K2F142,162 シマノROCK SLIDE120,140 ROCK JERK140 OCEA PENCIL145,150,160等






岡本さんいつもご報告ありがとうございます。
リリースが楽しみなモデルです。
詳しくは来春開催のフィッシングショーで発表いたします。


ご期待ください。


投稿者 : ripple 投稿日時: 2016-11-08 18:03:41 (565 ヒット)




大田様のコメントになります。


アジングロッド、メバルロッドならではのタックルで、今の時期にライトに遊んで、アタリもちゃんと取り、掛けていく釣りです✨

ロッド自体も軽く、振り抜きもよく、シャクリも力を入れなくてもエギを動かす事が出来ます。

一度やるとハマってしまいます👍

女性や子供も気軽に出来るお手軽な遊びです。


Tackle
ロッド:RippleFisher Real Crescent 71TZ
リール:レアニウム1000番
ライン:PE0.3号
リーダー:フロロ5lb
エギ:ナオリー1.8寸







大田様、いつもご報告ありがとうございます。

大田様のようにRealCrescentをエギングで使用されている方も少なくはありません。
特にRealCrescent81、圧倒的な情報量の把握とロッドバランス!
バシバシしゃくるには向いていませんが、やりこんだ方々に好評を頂いております。キャストは3.5号、操作は3号がベスト。軽いテンションでは曲がりやすいが、大型がヒットしてもしっかりとしたバットパワーは安心感がありますとコメントを頂いております。
しかしながら、ロッドコンセプトはあくまでもアジングロッドですので、特にキャストフォーム等くれぐれもお客様のご判断の元でご使用ください。


« 1 (2) 3 4 5 ... 359 »