釣行日誌最新ニュース
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
2 ロッド情報
2 ロッド情報 : 「MonsterImpact Avarice110HH」 ベイト仕様 開発・TEST模様
投稿者 : ripple 投稿日時: 2014-01-21 13:26:48 (13905 ヒット)

 

 ヒラスズキメインで青物が混じるフィ−ルドでの使用を前提に、
すでにリリ−スを終えた「MonsterImpact Avarice110HH」。

実際このモデルを手に取られた方々から、このクラスでベイトロッドが欲しい!とのご意見を多数いただいておりました。
その中でもより積極的にお話いただいたプロショップSARASIの堀川氏。
「RunnerExceed FINAL STAND UP 100SXH/105BHX」 の開発でもお世話になった一人です。

堀川氏とのやり取りの中、スピニングと同じブランクを使用し、ベイト仕様を試作してみました。
やはり、グリップ・ガイド仕様も違うと、ここまで調子が変わるものだと再確認できた一本です。
(他ブランクでもガイドが1つでも多くなると、違いが明らかに出ます。)
ベイトキャスタ−に好まれる、ベリ−がよりしっかりとした、張りが強い調子に仕上がりました。

ご存知の方々もいらっしゃると思います。
2013年、3月に行われた九州ソルトウォ−タ−フェスティバル「KSF」で展示させていただきましたが、
お陰さまでご好評をいただいたモデルの一本です。

セッティングリ−ル レベルワインダ−仕様の200・300クラスなのか?
それともLD20番クラスなのか?  
それぞれに対するグリップ仕様、そしてガイド設定が適切なのか?
実釣を通し、確認していきたいと思います。


その「MonsterImpact Avarice110HH ベイトモデル」No1 を早速、プロショップSARASIの関係者の方々が使用し、
コメントをいただいております。

●4月中旬 実釣
磯丸スズキですがMI110HHベイトサンプルロッドでの釣果画像送ります。
インプレですが、もともとのブランク設計が良く出来ているのか?
ベイト仕様で使ってもスピニングとほぼ変わらずブランクを改良することなく使用出来ると思われます。
スピニングはスローなテーパーなのに対し、若干ファーストでは有るが非常に全体がマイルドに仕上がっており
重たいプラグのオーバーヘッドフルキャスト時は、ロッド全体で良く弾き飛ばしてくれ飛距離を出してくれます。
ロッドをアンダーに構え、ロッドティップを使っての低いライナーキャスト時でも軽めのプラグを良く弾き飛ばしてくれ
私には、スピニングと余り遜色無く使えると感じました・・・・?
魚とのファイト時も、スピニングより若干ベリー部に張りを感じるが、柔軟なティップが魚の動きに追随してくれ
やり取りにまったく違和感を感じない良いバランスに仕上がっていると思われます。
PEライン2.5号、フロロリーダー40Lbを使用して20g〜50g程のルアーを使ってみましたが
飛距離は、アバウトですが40m〜60m程は、飛んでるみたいです
但しアゲインストの強風下では、極端に落ちますが、ヒラスズキだけをを想定すれば射程距離は、
十分だと思われます(ベイトに慣れてないと無理)
リールに関しては、個人差がかなり有るかと思われます
私的には、レベルワインダー有り、無しは、余り関係ないかとおもいますが・・・・?
今後も色々と試してみます。



今回ご報告をいただいた。
Fishing Specialty Shop SARASI のHPです。
http://www.sarasi.com/



ご報告ありがとうございます。
早速ですが、ガイドの不具合も確認できました。
GW前には修正し、実釣をお願いしたいと思います。


TESTロッドは2本あり、違うフィ−ルドで同時に進めて行きます。



5月2日 ガイド設定を見直しました。

本日テスタ−へ向け発送いたします。






2014年 1月 


2013年 11月 同じブランクでガイド設定・グリップ設定がそれぞれ違う3本のTESTロッドを追加製作。
計5本のテストロッドをさまざまなリール・ルアーを装着し、試行錯誤を行っている中、開発関係者からの追加報告です。




コメント
モンスターインパクト110HHベイトサンプルロッドその後の状況報告です 。

ガイドバランスを見直した2タイプのサンプルロッドでレバードラグやスタードラグ(レベルワインダー付)など
いろんなタイプのベイトリールを装着しプラグも20g〜70gと幅広いウエイトを使用しベストなバランスを求め試投を繰り返しております。

先日もガイド設定NO2のテストロッドで4キロほどのヒラスズキを破損覚悟でロッドを立て抜き上げて
ランディングしてみましたが破断強度が高く、粘りとトルクの有る完成度の高いブランクに改めて驚いております。

今後もリリースに向けベストなバランス求めて実釣で試してみます。

使用タックル

 ガイドNO2仕様
  リール----リョウガ2025SH  
  ライン----PE2.5号 
  リーダー--フロロ10号4ヒロ
 
 ガイドNO3仕様
  リール----ソルティガ20LD、キャタリナ20LD
  ライン----PE4号 
  リーダー--フロロ14号4ヒロ






毎度ご報告ありがとうございます。

当初の想像を絶するセッティングの壁にぶつかっております。
やればやるほど、次の課題が出てくる・・・ロッドに限らず釣りも同じですが。
特にこのクラスのヒラスズキ(青物も視野に入れた)ロッドは、求める方々のスキルも高く、
そのご期待に応えなければなりません。

お客様にはもっともベストなセッティングで製作しお届けしたいと思います。

お待ちになられているお客様には大変申し訳ございませんが、今しばらくお時間をいただけると幸いです。


そして、今も5本の内1本のTESTロッドが工房入りしており、もうひとつのコンセプトを元にグリップ・ガイド
のセッティングの見直しを行っております。


2014年 4月
スピニングブランクで、いくつものガイド・グリップ設定でデーターを出し実釣試験をメインに
試行錯誤を行いましたが、もう少しのところですが、満足のいく調子にたどり着けません。

そこでブランク担当者に相談し、#1のみベイト専用ブランクを立ち上げることになりました。


今回、ベイトの調子に特化した2タイプのブランクが完成。


シーズンオフということもあり、テストはゆっくり進んでおります。
ほぼ完成ですが、実釣でしっかり魚をキャッチし、皆様にご紹介させていただきたいと思います。




2014年 1月30日
もう一つのコンセプト・・・こちらも完成いたしました。(テストロッド)

2月より実釣に入ります。


2014年  3月
ヒラスズキだけに拘り、ガイドを小口径化、グリップはTCS17を装着し細身にし、ホールド性・操作性・
より正確なキャスト性能を高めました。


こちらは完成いたしました。

ご注文可能です。(本体価格 76,000円)





1本のロッドの完成はゴールではなく、ひとつの通過点だと常に考え、前向きに取り組んで行きたいと思います。



投稿:M


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。