釣行日誌最新ニュース
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
4 ご愛用の方々より
4 ご愛用の方々より : 「BIG TUNA87 JAPAN Special」 ご愛用の 村上 健治 さんより
投稿者 : ripple 投稿日時: 2012-07-24 11:12:29 (2751 ヒット)

 宮城県にお住まいの村上さんより、レポ−トをいただきましたので、皆様にご紹介させていただきます。



時  : 平成24年7月19日
釣り人 : 村上 健治
場所 : 青森県小泊沖
遊漁船 : 光翔丸
天候 : 晴れ
魚  : クロマグロ わた抜き72.65キロ
ロッド : BIG TUNA 87 JAPAN SPECIAL
リール : ドッグファイト6500H
ライン : SMP8号
リーダー : 170lb
ルアー : エアマチック(ランキングオリカラ ホワイト)
ファイトタイム :40分


宮城県仙台市に住む私がマグロをやり始めたのは12〜14年前に飛島でブリジギングをしていてマグロのナブラを見て
『あれを釣ってみたい』という所から始まり、当時のマグロルアーと言えばK-TENくらいしかなく、
まわりにも経験者もいなかったため本当に手探りで始めました。

当時のタックルはコーラルスター8030にステラ10000番、ラインPE5号リーダー100lb、
ルアーはK-TENナブラにキャストしてはフォールで待つ。
しかしこれでよいのかもまったくわからず、他にも磯釣り、船釣り等もしていたため年に数回の釣行でした。

それから時がたちマグロ専用ロッド、各種マグロ用ルアー、雑誌による記事などいろいろな情報が出るようになり、
マグロ初めてのヒットはタックルハウスのシブキを使いようやく初めてのヒット!
しかし10分程のファイトでラインブレイク!

マグロを始めてからすでに5年以上経っていました。
そのラインブレイクをきっかけに一気に本気でマグロをやろう!と気持ちが高ぶり、
そのうち一人でも宮城から車を走らせ山形の飛島へ通うようになりいろいろな仲間もでき、
5年前にライブリーサーディンでとうとう一本め10キロを釣り上げることができ、
マグロとしてはすごく小さいですが、自分では100キロを釣り上げたような喜びでした。

その後もっと大きいのが釣りたいと、何度も足を運びましたが釣れても10キロそこそこしか釣れず、
雑誌でも紹介されている小泊に行ってみたくなり
仲間と三年前に始めて小泊に遠征、何度か行ってるうちに
マグラーズ今会長と知り合いビッグツナ87のプロトをさわらせてもらい一発で自分がバイトし、
発売のかなり前から予約してしまいました。

ビッグツナ87を手にしてからは絶対に50キロUPを獲るんだ!と一人でも小泊まで通うようになりましたが
小泊まで行っても10キロどまり・・・
10キロUPは去年の飛島での18キロ・・・

今年こそは絶対にでかいのを釣ろうと7月18〜19今年初めての小泊釣行
初日はナブラはなくマヤマヤで他船で数本キャッチ
二日目、朝からマヤマヤを発見!一度目はヒットせず、二度目のマヤマヤにキャストすると派手なシブキを上げて
自分のルアーにバイト!
初期のドラグ設定は8〜9キロにしておりファーストランであまり走られなかったため、
50キロ弱なのかと思いドラグを少し締め気合いのリフト!
5分程で浮いてきたので『でかい!やった!』と思った瞬間、再度つっこまれ多少のされぎみにもなりましたが、
なんとかロッドを立て再度ファイトしようとしましたが残り10メーターまできて、極度の緊張と、
最初の5分のがんばりすぎからか力が入らなくなり、情けないですが仲間に交代、その10メーターから動かず、
次の人に交代しましたが、どうしてもそこからは動かず30分近く経過したころ、
ようやく自分が回復したので再びファイト!
ロッドを信用してさらにさらにドラグを締めていきだされてはまた締めなんとか上げることができました。

欲を言えばもう少しリフト力が欲しかったような気がします。
残り10メーターからのリフトの際、ロッドを立ててのファイトでしたが、曲がったままでロッドが魚を上げてくれず、
ポンピングでのリフトでした。もう少し高弾性だとロッドパワーでのリフトができたのかと感じました。

今回、シングルファイトできませんでしたが、いろいろな経験をこの魚にさせてもらったので、次は更なる大物!

そして絶対に次こそはシングルファイトにて釣果報告させていただきたいと思います。





今回ヒットルア−



お子様たちもうれしそうで何よりです!




すばらしいご報告ありがとうございます。
村上さんのマグロに対する情熱が伝わってまいります。
今回の70キロオ−バ−は、村上様の努力の賜物です。
またのご報告楽しみにしております。


ロッド感想にもありましたように、「BIG TUNA87」 更にリフトパワ−・リフトスピ−ドをUPしたモデルが、
「BIG TUNA710」 になります。 
しかし、パワ−を上げた分、スモ−ルルア−のキャスト精度が多少落ちます。
また、ロッドをうまく立てることが出来ないと、のされるばかりで、アングラ‐にとって
更にきついファイトになります。

「BIG TUNA JAPAN Special」シリ−ズは、「68」「710」「87」とベイトサイズ・アングラ‐の体力・技量・用途に合わせ、
お選びいただけるラインアップになっております。


また、更にストイックなアングラ‐の方の為に、「BIG TUNA INTERNATIONAL」シリ−ズを開発・TEST中です。




投稿:M


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。