釣行日誌最新ニュース
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
2 ロッド情報
2 ロッド情報 : 「BIG TUNA68 JAPAN Special」 ロッド詳細
投稿者 : ripple 投稿日時: 2012-06-21 16:50:13 (9030 ヒット)

 OceanRidge  
BIG TUNA68 JAPAN Special


日本が誇る最強のタ−ゲット、100船−バ−のクロマグロに挑む。


ロッドコンセプト
今までになかった、6ft8inch のマグロ専用キャスティングロッド。
独自のブランクテ−パ−とガイド設定により、想像をはるかに超えるキャスト性能を実現!
ショ−トレングス・1pcブランク構造がもたらす絶大なる破断強度により、アングラ‐の体力の負担を最大限に軽減、
尚且つタ−ゲットへのハイプレシャ−を与え続けることが可能です。


トビウオやシイラなどの大型のベイトを捕食している時。また、小型のプレジャーボートなどでの接近戦の時。
ショートロッドで体への負担をかけずに、常にターゲットにプレッシャーを与え続け、短時間で勝負をかける。
まさにモンスター級を獲る為のロッドです。



スペック・価格
Length : 6ft 8inch  ワンピ−ス  レギュラ−テ−パ−
Weight : 415g(アルミギンバル仕様)
Lure Weight: 50〜180g
Line : PE6〜12

価格:68,250円



6ft8inchでありながらキャスティング専用のロッドです。 
飛距離は出るの?と疑問に思われる方が大半だと思います。
実際、「BIG TUNA87 JAPAN Special」 とのキャスティング比較テストでは、ルア−70g PE10 号使用では、
10mほどしか飛距離の差が出ません。 
ロングロッドを振り切れない非力な方や女性の方の場合、ある程度大型ルア−(80g以上)のキャストにおいては、
キャスティングの際ヘッドスピ−ドが増し、8ftクラスのロッドよりも楽に飛距離を稼ぐことも可能になります。
(70g以下のルア−キャストの場合、なれていない方は練習が必要な場合もございます。)


トビウオやシイラなど大型のベイトを捕食している場合
小型のプレジャ−ボ−トでナブラに大接近できる場合
乗り合いなど、胴の間でのキャストが多い場合
「BIG TUNA87」 「BIG TUNA710」でリフトがうまくできない(ロッドを立てれない)方
体重がない方、非力な方
より楽なファイトを重視される方

上記条件、またはお悩みの方に特にお勧めできるロッドです。


「BIG TUNA87」「BigTUNA710」同様、直下でのファイトでも10キロを超える高付加で
ロッドを90度近く立てることが可能です。
90度の位置でホ−ルドし、ロッドの反発によりリフトしてくれる分をリ−ルで巻き取るように行うことで、
長時間楽に耐えることが可能です。
またショ−トロッドなのでアングラ‐への負担が少なく、より短い時間で一気にリフト出来るバットパワーも備えております。


ルア−キャスティングだけではなく、(生き)餌によるフカセ釣りでも使用されている方もいらっしゃいます。
色々楽しめるロッドです。



ロッド画像

準備中


動画ご案内

「BIG TUNA68 JAPAN Special」 ロッドコンセプトとキャストについて 

http://www.youtube.com/watch?v=uU46oiUxJzI&feature=plcp


リフトについて

準備中


「BIG TUNA」 シリ−ズ ファイトについて

http://www.youtube.com/watch?v=j9Jw-BK9iQE&feature=plcp




モニタ‐的に使用していただいた皆さんの釣果です。
皆様ご報告ありがとうございます。


アングラ‐:佐々さん
与那国 カジキ





画像提供 SANSUI 渋谷店さん 
http://sansui1902sb.blog.fc2.com/



アングラ‐:金丸さん
与那国 カジキ





画像提供 SANUSI 千葉店さん
http://sansui1902cb.blog.fc2.com/


アングラ‐:岩倉さん(Aquila745/SELFISH625 TESTER)
外房 イシナギ93キロ



使用タックル
ロッド:BIG TUNA68 JAPAN SPECIAL
リール:ステラ18000HG
メインライン:VARIVAS アバニSMP 10号
リーダー:VARIVAS 170ポンド
ベイト:ヤリイカ泳がせ

コメント
2・3年ほど前より外房で話題になっていますイシナギ釣りへ。
通常は両軸リール&スタンディングロッドでやってる釣りですが上記タックルにて 挑戦!
外房御宿沖ミズカ水深80メーター前後を攻め、終了間際にヒット。
事前情報でかなりのファイターと聞いていましたが重量感あるタフな引きでランディングまでヒーヒーでした。
同船者の叱咤激励や罵声(笑)を受けながら何とか釣り上げることができました。
今回のような直下での攻防には、TUNA68の竿を立てられロッドが魚を引きずり上げてくれる特性が
大変助けになりました。



アングラ‐:スタッフF
トカラ イソマグロ
初心者のFでしたが、ロッドに助けられ比較的楽にキャッチすることができました。





ファイト動画
http://www.youtube.com/watch?v=n-5bz0vykBc&feature=plcp


アングラ‐:スタッフM
トカラ バショウカジキ
ロッド性能上、まったく問題ございません。







BIG TUNA87 JAPAN Special についてはこちらをご覧ください。
http://ripplefisher.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=451


投稿:M


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。