釣行日誌最新ニュース
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
2 ロッド情報
2 ロッド情報 : Snapper69UL
投稿者 : ripple 投稿日時: 2010-06-08 18:47:00 (8562 ヒット)

 ストレスの無い究極の曲がり・食い込みを追求。 

 そして感度までを求めました。

低反発でありながら、シャ-プさと感度、そして強度を持ち合わせたブランク設計です。


Snapper69UL


スペック・仕様

Length : 6ft9inch
Section : 1 and HALF (リアグリップジョイント)
Line Max : PE 1
RubberJig Max : 100g
Weight : 121g

グリップ仕様
  フォア:60
  リア−:全長380弌淵蝓璽襯掘櫂蛤櫃らエンドまで)
  シ−ト:ACS 17 SD IC (ブランクタッチタイプ)

ガイド:オ−ルチタン(T-MNST・T-LDBSG・T-LCSG)

(スピニングモデルも製作可能です。T-Kガイド仕様)


価格 48,300円



開発協力者のコメント
(千葉県在住 松本氏)

鯛ラバでの真鯛釣りは決してバイトが多い釣りではない。
しかも、バイトしてもバラしてしまうことが多々ある釣りでもある。
釣行で大鯛と思われる魚をバラして悔しい思いをしたアングラーを見ている。
私も同じ思いをした一人で、魚とのやり取りをしていて突然『スッ』とテンションが無くなり呆然としてしまった。

ここまでやり取りしてなぜバレてしまうのか?
ドラグ設定・フックサイズ変更など思考を重ねたが、ロッドは自分が理想とするものが無く、
探していたところ縁あってリップルさんのお力をお借りし納得の行くロッドを仕上げて頂いた。

アクションはシャープ感がありながらライトでしなやかな仕上がりになっている。
バイト時の食い込みが良くバットパワーもあり大鯛とのやり取りでも不安感は無い劇的にバラしが減ったと実感できた。

更にロッドウエイトも非常に軽く『軽快』に釣りができ、女性や子供にも薦めることができるロッドだ。
その反面、ティップが柔らかいが故に鯛ラバをフォール中はティップが暴れぬ様、若干サミングを行い丁寧にボトムを取る必要が出てきた。
潮が速い時は、他のスナッパーモデルのHやMLなどと組み合わせでボトム取りに対応したい。

熊本県天草でのテスト釣行では、潮の動きが速く、ライトアクションが故にボトムを取ることに苦労したが、
ラインの向きとロッドの向きを合わせ対応ができ、4キロクラスのマダイを釣り上げることができた。

テスト釣行最終段階ではロッドのしなやかさを生かす様、多少長めに要望した。

最終的にリールシートからティップまでのアクションを損なわないようあえてグリップエンドを延長すると同時に仕舞寸法にも考慮したデザインに落ち着いた。


リップル社のスタッフには度重なるワガママな要求に応えて頂きありがとうございました。

                                  松本 浩一




デザイン



感度を最優先したオ-ルチタンの超小口径ガイドを採用。
また、ラインのブランクへの干渉を防ぐ為、数を増やしたことで、感度も更に高まった。
(T-MNST5,5・T-LDBSG4.5×4・T-LDBSG5・T-LDBSG5.5・T-LDBSG6・T-LCSG8・T-LCSG12)






ロゴ部分はブラッククリア-、そしてティップにかけてはブランク性能を重視し、薄くクリア-のみを施しました。



開発で一番苦戦した部分です。
6ft9inchありながらもリ-ルシ-ト下部までを、完全なるブランクスル-ワンピ−ス方式にすることで、
ストレスの無い究極の曲がりを実現!

このレングスになると一見ワンピ-スに見えるロッドもフロントグリップ内部で接着する場合もございます。(当社の場合)

この場合、負荷を掛けるに従い、曲がりの支点が手元に移行しますが、
フォアグリップ前で止まってしまいます。

完全ワンピ-スにすれば良いのでしょうが、そうなるとマンドレルの関係上、レングスが6ft4inchまでが最長となり(当社の場合)、色んな状況下でより安定したリ-リングが難しくなりがちです。



実釣テストでの釣果


松本氏






↑千葉県外房沖




↑熊本県 天草沖




↑九州玄界灘 七里ヶ曽根(こちらはリリ−ス後の釣果画像です。)

松本氏オ−ダ−の「Snapper69UL」はスペシャル仕様です。
ブランクカラ−、バット部分は(セパレ−ト部分も含め)は金属色レッド、
そしてバットガイドから1つ上までをシルバ−グラデ−ションを施し、
グリップはグレ−とブラックの2ト−ンのEVA。
リ−ルシ−トはシルバ−メタリックをまとったACS17と全てがスペシャルカスタムとなっております。


松本氏の使用タックル

リ−ル:ダイワ・リョ−ガ ベイジギング C1012 PE-HW
ライン:PE1号 (ユニチカ ス−パ−PE LJ)
リ−ダ−:フロロ4号(サンライン トルネ−ド SV1) 4ヒロ
ラバ−ジグ:ブリッジ社 マックブレイン100g/リジブレイン100g等 (いずれもフックは自作) 
フック:オ−ナ−PEマダイ12号  ハリス:シ−ハンタ−10号

      




斉藤氏













開発にご協力いただいた皆さん、ありがとうございます。


投稿:M


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。