釣行日誌最新ニュース
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
2 ロッド情報
2 ロッド情報 : Ultimo 83 UG 83 M Swim Nano
投稿者 : ripple 投稿日時: 2015-01-29 11:49:04 (6749 ヒット)

OceanRidge

Ultimo83 UG83M Swim NANO

2015年 5月リリース


スペック
レングス:8ft3inch
ロッド自重:362g
Line Max : PE7
Lure Max : 160g
Action : Fast

適合目安リール S:10000〜18000 D:5000〜6500  BEST SIZE : S 14000XG
      

価格 70,000円 (本体価格)


推奨アングラーズウエイト:60キロ〜

推奨アングラーズウェイトとは
GTを楽に素早くキャッチするには、アングラー自信の技量もさることながら、もっとも重要なのはアングラーの体重と
その体重移動によるリフトです。
数値は直下でのファイト時、ロッドの性能を十分に発揮するためにお勧めするアングラーの体重です。 
しかし推奨アングラーズウェイトより体重が軽い方が使用されても、魚の位置・動きに合わせ体重移動を
スムーズに行える方であれば、ロッド性能を十分に発揮できます。
あくまでも目安としてお考えください。



Ultimo シリーズとは
キャスティングゲームの醍醐味は、ゲームの大半を占める「キャスティング」にあるのではないでしょうか。
「Ultimo」シリーズは、先ずはポイントにルアーを打ち込むこと!!これを第一にダイビングペンシルのオートマチックな
操作性を多少犠牲にし、「キャスト性能」を重視しています。
(操作時はアングラーサイドのラインスラッグ・ロッド振り幅・リーリング等での微調整で十分対応できます。)
また、根ズレ回避が重要なシャローエリア、船の真下に潜り込み横たわるGTなど、ベリーからバットにかけての
強靱なパワーとリフト力を発揮し、スピーディーに浮かせることが出来ます。更にこのようなパワー設定
でありながら大型ヒラマサのキャスティングゲームにも繊細に対応します。

(ヒラマサキャスティングでのハードタックルとしての使用の場合、一般的にお勧めのモデルは711ML / 79MH / 83M Nano になります。)


83M UG Swim NANO の 開発コンセプト

中型船のミヨシ・大型船で、飛距離と操作性そして軽快さとバランスの取れた一本。
不安定なデッキの上でも、安定したキャスト性能とリフトパワ−を、誰にでも比較的容易に引き出す事が可能なモデル。
しなやかでありながらもシャ−プなキャストフィ−リングはUltimoならでは。今回「Nano」との融合により、更にシャープに快適に!そして強く!! 
従来83Mと比べベンド移行を若干マイルドに設定、GTに限らずヒラマサ・50キロまでのマグロ等など様々なフィールドと
魚種で楽しんで頂ける設定にしております。


「ナノアロイⓇテクノロジー」と弊社ブランク担当の設計技術との融合により、
キャストはよりシャープに仕上がり、ファイトは若干ソフトにより粘り強く、折れない!
を実現!!




従来の「Ultimo83M」と比べると、キャストは更にブレのないシャープなフィーリング。
魚とのファイトでは、よりスムーズなベンド移行でアングラーに対する急激な負担がなく、
従来品より若干曲がりこみながらも破断強度は上がっておりますので、より安心してファイトに集中できます。


・腰を落としてのパワーファイト
・遊漁船のミヨシのポールが高く腰をうまく落とせない状態でのファイト、
・時化の中で体勢が安定しない中でのファイト
・初めてGTロッドを手にされる方、女性の方
・ルアーウエイト80〜160g超まで幅広く使用
など様々なご要望に対応できるシリーズ中最も汎用性の広いモデルです。


*ペンシルに特化した調子ではありますが、小口径のポッパーの操作も可能です。



東レ蠅痢屮淵離▲蹈Ⓡテクノロジー」を用いた優れた特性(曲げ強度 感度向上)を持った革新的な
新素材を使用した、画期的な軽さと高反発・高強度・高感度のブランクを実現。



東レ蝓屮淵離▲蹈Ⓡテクノロジー」についてはこちらをご覧ください。
http://www.toray.co.jp/news/rd/nr121009.html


フィールドによる実釣模様

NANO GTモデル 
約2年ほど前から数えきれないほどの試行錯誤を繰り返し、日本国内はもちろん海外フィールドにおいて
テスト・開発を行っておりました。
その一部をご紹介いたします。


●Ultimo83M NANO は リリースまでに2度のブランク改良を行ってきました。
以下改良の経過です。

No1 ティップそして全体的にMモデルとしてはハードすぎた為改良 

No2 ティップはソフトになったが、キャスト時・魚とのファイト時のベリー部分の張りが強すぎた為改良

No3 理想的な調子の実現!


ガイド・グリップセッティング等はいうまでもなく改良を加え、私たちが理想とする結果にたどり着きました。



以下は、No3による実釣です。

ニュージーランド
キングフィッシュ 〜28キロ
アングラー:大和氏





画像提供 フィッシュトリッパーズさん
http://fishtrippersvillage.com/

使用タックル
ロッド:Ultimo83M NANO 最終プロト
リール:ステラ18000HG
ライン:PE8
リーダー:150lb
ルアー:フィッシュトリッパーズ ルグランタンゴ240


コメント
今回このロッドで20キロ後半の最大魚をキャッチしましたが、パワーファイトが好みの私には少々心細い気がしました。
とにかく見た目に細くて、軽い!このイメージからもこのように思ったのかもしれません。
しかし、キャストフィーリングはシャープでトラブルもなくストレスがありません。
キャスト時はシャープで、ヒット時はきれいに弧を描き、魚の動きにも追従してくれました。
柔らかく優しく?ファイトしたい方にはお勧めのモデルです。




徳之島
GTゲーム
アングラー:福澤氏





画像提供 Extreme Lure さん
http://blog.livedoor.jp/extreme_lure/


使用タックル
Rod:Ultimo83M FINAL TEST Model
Reel: DAIWA SALTIGA Z6000
Line:YGK ULTRA CASTMAN FULL DRAG WX8GP-D #8 + PE #25 + FC 200Lb
Lure :Extreme Lure  DEKAGERO OSUGI (デカゲロオスギ) SANMA (サンマ プロト)


コメント
今回魚はヒットに持ち込めませんでしたが、小型船で8ft3inchはレングス的に長すぎでは?と思っていましたが、
キャストフィーリング・取り回し共にまったくストレスはありませんでした。
(F-STICK 80Reversal NANO にてキャッチ)





種子島
GT 20キロ後半
アングラー:スタッフ前田








画像 動画提供 種子島「南海」さん 民宿「しまさき」さん 
http://www4.synapse.ne.jp/shimasaki/


使用タックル
ロッド:RippleFisher Ultimo83M NANO FINAL Prote
リール:SHIMANO STELLA SW14000XG 
ライン : YGK ULTRA CASTMAN FULL DRAG WX8GP-D #8 
リーダー : Prosele nanodax CASTING SHOCK LEADER #41  
ルアー: HAMMER HEAD Cherry Asy 200


コメント
キャスト面、軽い・シャープ、細い、軽い力で反発を利用して、力まず飛び、全く疲れません。

操作面、より繊細に、小細工がつけやすくなっています。

ファイト面、思った以上に曲がりこみますが、体重を乗せても、バット付近でしっかり、溜めてくれます。
強引な誘導にはしっかりとは応えてくれませんが、直下で船体がバックしても少ない力でしっかりロッドを立て続ける
ことが出来ます。

反応がない厳しい状況下で一日中キャストを続けなければならない日でも、集中力が保てます。


ファイト動画
https://www.youtube.com/watch?v=Wrd-PwWLF0Q&list=UUFaS8aXscCwsS3xQyD_faTA



投稿:M


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。