釣行日誌最新ニュース
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
4 ご愛用の方々より
4 ご愛用の方々より : 「BIG TUNA710 JAPAN Special」 ご愛用の村上 健治さんより
投稿者 : ripple 投稿日時: 2014-10-15 10:15:17 (1409 ヒット)

仙台市にお住まいの村上健治さんより、前回の「BIG TUNA87 JAPAN Special」に引き続き、「BIG TUNA710 JAPAN Special」青森・小泊沖の黒マグロのご報告をいただきました。


前回「BIG TUNA87 JAPAN Special」
その時のご報告はこちらです。
http://ripplefisher.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=795






いつもお世話になっております。仙台市の村上です。

今回は10月9日の竜飛釣行の報告をさせていただきます。


この日は朝からほとんどマグロが見えず、たまに単発がある程度でノーキャストで終わるのかと思い初めた頃、
船長から『ゆっくり帰りながら見て行きましょう』の声…
自分は諦めきれず一人ミヨシに居た所、少し走った所で海面がぼわぼわ〜っと変な動き、
船長も更にゆっくり走ると数発のマグロが見えたのですが近くには漁師さんもおり、
またゆっくり近づいて行くとまた数発!
船長も漁師さん居たので邪魔にならないように発進!

射程圏内まで近づくとベイトボールの周りでマグロが喰い気満々にたまに姿を現す!
ベイトボールの範囲はさほど大きくはないものの入れば喰う状況!
見えたサイズは50〜60キロくらいか!
迷わずビッグツナ710、PE8号でキャスト!
ルアー着水するあたりで100キロ近くも出てきたので8号に不安を覚えながらも、一発でキモに入りヒット!
二度目のアワセをガッチリ入れた瞬間に超高速でドラグが出て行きハンドドラグをしても熱くて
すぐに手を離してしまう!
150メーター走った所でようやく落ち着きファイト開始!

漁師さんも掛けてたので邪魔にならないように船長も操船してくれましたが、その分自分の思う方向には船を立てられず、
ほぼ真下でのファイトを強いられ、綱引きファイトの時間も多かったですがロッドを立てれば確実に浮いてくる!
一昨年87で80キロクラスを上げた時とは明らかにロッドパワーを感じながらもまた下に入る。
綱引きになると腰がどんどん悲鳴を上げると共に握力もどんどん低下し、後ろでサポートしてた方から
『最悪無理になったら言って』の声…
しかし自分は一昨年上げた時は途中断念して3人で交代しつつ上げて悔しい思いをしたため、
その後マグラーズに入会させていただき、プライドを持って極力自分でファイトしようと自分を追い詰めてたので
一息入れ水分補給、後ろでは同船者が『投げたい?』ふと見るとまだ続いてるというよりはイナダ団子が
さらに派手になり150キロオーバーまで乱舞している。
魚も弱り始めてるのも伝わってきており、みんなにも投げてもらいたい気持ちもありどんどんドラグを絞めファイト!

確実にリフトしてくれるロッドを信用しながらロッドパワーを使ったり、綱引きを繰り返してるうちに
魚体がうっすら見えてきた!
船長から『ここから時間かかるんだよなぁ』でもボイルが続いてるので時間もかけてられないと渾身の力を込めて
ロッドを立てるとなんとか浮上してきた!

船長のモリも一発で決まり3人がかりで船上に引き吊り上げた!と同時に全ての力が抜けた。

その後もボイルは続いており、他3人も何度もキャストしたが次のヒットはないまま終了。

ビデオ撮ってた方の時間を見るとファイトタイムは20分ちょっとだったのでナブラ自体は40分程続いてたようだ。


ワタヌキ68・55なのでおよそ75キロをようやくシングルファイトで上げられた自分にとって大きな前進でした!

これも的確な操船と一発でモリを打ち込んでくれた船長、また同船者のフォローとともに710のロッドパワーと
諦めない心が形になったものだと思います!

今年は77インターナショナルも購入したので今後のモンスターシーズンは710と77インターナショナルで
更なる大物を狙って行きたいと思います。


タックル

ロッド:ジャパンスペシャル710
リール:ソルティガドッグファイト7000
ライン:ヨツアミフルドラグ8号
リーダー:プロセレナノダックス170Lb
ノット:16ノット改
ルアー:ソウルズ エアマチック160ー95g
     弘前ランキングオリジナルカラーブランキー









村上さん
いつもご報告ありがとうございます。


前回の「BIG TUNA87 JAPAN Special」での交代ファイトでのご経験 悔しい思い・・・
シングルであげる信念 と 体力改善のための努力!!
そして、船長 仲間 ずべてが一つになり、今回すばらしい結果となりましたね!

本当におめでとうございます!!


また、道具として村上さんの夢のお手伝いができたこと、スタッフ一同心より嬉しく思います。


投稿:M


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。