釣行日誌最新ニュース
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
2 ロッド情報
2 ロッド情報 : 「SELFISH 5710 Vertical Model」 詳細ペ−ジ その他Jiging Model の比較について
投稿者 : ripple 投稿日時: 2013-08-22 19:31:30 (5001 ヒット)




SELFISH の 特徴
操作性:芯のあるシャクリ心地、棒みたいにビンビンではなく、適度に曲がってくれるが
ある程度まで曲がると復元力が強くなり、余力でジグを跳ね上げさせてくれる。
また曲がりながらも非常に感度が良いブランク特性。 
潮の動き、ジグへの潮絡み、ジグの動き、魚の反応などが良く感じることができる。

様々なジャ-クに対応できるようリアグリップを長めに設定。(リアグリップ390弌々垢Upロック)

やり取り:表現が難しいが、芯がシッカリしている?からフッキングが良く決まる。
掛けたあとは綺麗にベンドし安心したファイトができ、復元力もあるので、よくリフトしてくれる。

常に海・潮流・ベイト・ターゲットの変化を読み取り、その日その時にあったジャ-ク・ジグ、
または様々なジャ-クのコンビネーションで挑むことが釣果を左右する。
ひとつのジャ-ク・ジグに適した専用的ロッドではなく、あらゆるジャ-ク・ジグに対応できる、
RippleFisherの次世代ジギングロッド、それが「SELFISH」シリ−ズ。


そしてカンパチジギング(バ−チカル)に特化したモデル
「SELFISH 597S」 そして 更にディ−プに潜むモンスタ−に挑む 「SELFISH 5710」。


開発コンセプト
●対象魚
カンパチ  イソマグロ

●操作面
気まぐれなカンパチ、その日の状況により、様々なヒットパタ-ンが存在し、いち早くその日のヒットパタ-ンを
見つけ出す事が重要で、様々なジグ形状の操作、ジャ-クに対応できる汎用性を持たせてます。

棒みたいにビンビンではなく、適度に曲がってくれるが、ある程度まで曲がると復元力が強くなり、
余力でジグを跳ね上げさせてくれる。
軽くて疲れない!
曲がりながらも感度が良い!!
潮の動き、ジグへの潮絡み、ジグの動き、魚の反応などが良くわかる。

●ファイト
掛けたあとは綺麗にベンドし、安心したファイトができ、素材の復元力もあるので、よくリフトしてくれる。

●スペック
レングス:5ft7inch
適正水深:100〜150m
適正ライン:PE4〜6
快適ジグウェイト:250〜350g
ロッド自重:290g

価格:57,750円



ロッド画像




ロゴ部分は、シンプルにブラックサテン塗装を施しております。(SELFISH全モデル共通)
*サテンとはマットより多少表面が目が粗い感じです。
その他は、ブランク性能を最大限に発揮する為に、アンサンドクリア-仕上げ。


グリップ仕様
フォア:170mm
リア:EVA素材最上部からゴムキャップエンドまで 390mm


シ-ト:DPS 20 LD IC ロングナット仕様 UPロック


エンドは強度重視のBRC22.0採用(ゴム製)



ガイドは、大型魚とのファイトを考え、強度重視のE-MNSG(エコカラーのオ-シャンガイド)を採用。
その為、Kチタンガイドを採用しているモデルと比べると少々低価格となっております。


テスト時の釣果



千葉県 榎本さん 沖縄にて





千葉県 谷脇さん 沖縄にて





熊本県 平田さん トカラにて





大阪府 濱田さん トカラにて
  プロトNo1 リリ−スモデルはバットパワ−を若干強化。



熊本県 川上さん トカラにて
ベイトも可能です。



スタッフM トカラにて
同じくベイトにて

ヒットシ−ンの動画はこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=NGxwOm1Dcs8&feature=c4-overview&list=UUFaS8aXscCwsS3xQyD_faTA


その他関連記事

トカラ カンパチ
http://ripplefisher.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=388

http://ripplefisher.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=771


種子島 カンパチ
http://ripplefisher.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=629


モニタ−(岩倉氏 624 625 TESTER)釣果報告 与那国GT(JIGING)
http://ripplefisher.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=920



その時のファイト動画  曲がりが良くわかります!
http://www.youtube.com/watch?v=jkJV8y1Y_gE


モニタ−釣果報告 トカラ
http://ripplefisher.com/main/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1014




各ジギングモデルの特徴
●F-STICK 操作性に特化したモデル   
       ガチガチ 超軽量・超感度のブランク。
アングラ−のマニュアル的操作で様々なアクションが可能です。
運動伝達に優れているので、少しのふり幅で他モデルと同等の力をジグに与えることができます。
しかし、硬く反発力が強い為、立てるとバレの原因になりますので、脇挟みか、ロッドエンドをお腹に当ててからの
ファイトではラインに対し、90度までの角度(鋭角になることは避ける)で凌ぎ、無理なポンピングはせずに、
リ−ルで巻き上げるファイトをお勧めします。
短時間勝負のカンパチ等の水深があるバ−チカルジギングに適しています。


●OceanArrow (「5」シリ−ズ) ファイト重視のモデル
        粘り強い、トルク感に溢れ、破断強度が非常に強いブランク。
細かいジグアクションは苦手ですが、大きなアクションや泳がせるようなアクションに適しています。
魚を掛けてからのファイトに優れています。魚の動きにしっかり追従します。
特に大型カンパチ・イソマグロ相手が大きいほど威力を発揮するブランクです。
負荷が掛かるほどに素直にベンド頂点はバット側に移行、しかし決して曲がりすぎることはありません。
長時間のファイトでアングラ−が疲れた時は、ロッド立て凌ぐことも可能です。
秘境の海域や海外のドテラジギング、特に大型イソマグロのジギングに適しています。

10oz 20oz 30ozのヘビ−モデルのレングスは、 5ft2inch と 5ft6inch 2タイプあり、
国内・海外のボ−ト形状 や 流し方 にあわせ選択が可能です。
また、10oz-5ft2inch 15oz-5ft のベイトに特化したモデルも現在開発中です。


●SELFISH  F-STICKの操作性 と OceanArrowのファイト重視性 を併せ持つモデル
         ロッド特徴は当ペ−ジ最初をご覧ください。

*シリ−ズ中、最もライトな「622」のファイトベンドです。
大きな根魚とのファイトシ−ンですが、通常ここまで曲げることはありませんが、
アングラ−の渡辺さんには折るつもりで曲げていただきました。
ブランク強度を実証するファイトとなりました。くれぐれもご参考までに。


「SELFISH」シリ−ズを簡単にご説明させていただきます。
大きく分けると2タイプになります。

622・613・614・615 は、胴に乗るレギュラ−テ−パ−。
汎用性が高く、バ−チカルからベベルジャ−クまで幅広く対応いたします。
JIGを動かす喜びを感じていただける、操作性の高い感度と反発を備えたブランクになります。


後継機種の624・625は先調子のファ−ストテ−パ−。
ティップだけ軟いフィ−リングではなく、シャ−プさを残しつつも、上記モデルよりも操作時のティップの入りを
容易にしております。
比較的浅いフィ−ルドのベベルジャ−クに特化したモデルですが、バ−チカルでもジグに初速を与えたくない時、
またより小さいサイズのジグで大型の口を使わせたい時にお勧めです。
調子をわかりやすく表現するとティップが軟く・バットが強いといった感じです。
ティップは軟いという表現をしましたが、ジグを操る喜びを感じていただける、適度な張りがございます

「624」わかりやすく表現すると、SELFISH622SのティップでバットはSEIFISH614Sのパワ−を持つモデルです。

「625」こちらは、613Sのティップでバットは615Sのパワ−を持つモデル。
表記的にはワンパワ−UPですが、ファイト時の安心感が大幅に違います。
ティップのフィ−リングは624Sと似ておりますが、バットの強化も伴い、多少シャ−プな操作感になります


その他、
水深60〜100mのベベルに特化した「607S」


バ−チカルのカンパチジギングに特化した「597S」「5710S」がございます。


「SELFISH」全シリ−ズに共通して言える事は、SHOP店頭では張りが強い!とのご意見をお聞きしますが、
実際フィ−ルドで使用すると気持ちよく曲がってくれます。

お客様のお好み、用途に合わせてお選びください。


投稿:M


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。