Ripple Fisher リップルフィッシャー

BLOG

リップルフィッシャー > スタッフブログ > スタッフ釣行記 > RealCrescent RC-81 ヒメマス&沖磯エギング・レポート

RealCrescent RC-81 ヒメマス&沖磯エギング・レポート

本日は新潟県在住のフィールドスタッフの猪俣さまからRealCrescent RC-81を使用したライトゲームのレポートを頂きましたので、皆様にご紹介させて頂きます。

内容は山上湖のヒメマス・沖磯でのエギングの2本立てです!

以下、猪俣さまのレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【山上湖のヒメマス釣り】
釣り漫画の代名詞[釣りキチ三平]に[早暁のヒメトロの巻]と言う話があります。

三平くんがヒメマスのトローリング(通称:ヒメトロ)に初チャレンジする内容で、晩御飯にヒメマスのバター焼きを!!と意気込んで望む姿が書かれています。

この舞台になっているのは山上湖のC湖。

今考えると中禅寺湖がモデルになったのではないかと想像出来ます。

ヒメマスの習性や釣り方など、登場人物のコメントとして詳しく書かれているので、初チャレンジの自分にとっては教科書として、三平くんの気持ちになって読みました。

訪れたのは山間で森に囲まれた小さな山上湖。

足元から急深で水深があるヒメマスが生息するに適した湖です。

釣り方は小型のメタルジグを使用したショアジギングのスタイル。

この情報をくれた方から詳細な話を聞き、ロッドは[RealCrescent RC-81]を使用しました。

ジグは20gで細いPEラインで遠投してボトムを取り、柔らかくゆっくり誘うと意外と簡単にヒットします。

ところが[釣りキチ三平]にも書かれていた通り非常にバレやすく、3回ヒットして1匹キャッチ出来るペースです。

20m以上の水深では、ヒットしたヒメマスに水圧が掛かり強烈にローリングする為、引きは楽しめますがバレる率も高まります。

中深海のアカムツ以上にバレる魚が居たのかと思うほど、スリリングでドキドキの釣りが楽しめました。

小型のメタルジグを遠投する釣りでは、ブランクのしなりとロッドバランスが飛距離に影響します。

NANO素材を使用した[RealCrescent RC-81]の遠投性能は、ロッド表記は17gですが、20gまでは振り切れる設計です。

ティップはしなやかで感度が良く、様々なフィールドで活躍の場があると思います。

この時期のヒメマスは、婚姻色に包まれて宝石の様な美しい輝きを見せます。今回もそのような美しさに出会う事が出来ましたが、抱卵している個体は極力リリース。

積極的に放流事業が行われているにしても、魚の保護は考えて良いと思います。

塩焼きが絶品のヒメマス。淡水魚の中でもトップクラスの食味です。次回は三平くんの様に、バター焼きにしてみようかと想像が膨らむ日々です。

ロッド: RealCrescent RC-81
リール: 18ステラ2500S
ライン: VARIVAS アバニエギングLS4PEティップラン 0.5号
リーダー:ナイロンライン8lb
ルアー: JAZZ爆釣jig20g

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【沖磯エギング】
先日の沖磯釣行での1コマです。青物がTOPに出にくい暗い時間帯に、エギングを楽しみました。

沖磯と言うフィールドは、自分1人だけ自由に釣りが出来る贅沢な空間です。1つの魚種だけではもったいないので、毎回タックルを数種類準備します。

アオリイカシーズン最盛期なので、エギングを考えて[RealCrescent RC-81]を持ち込みました。荷物の梱包や磯替え時の移動など、センターカットの2ピースはとても便利です。

使用したエギは、沖磯の水深とアオリイカのサイズを考えて3号のディープがメインです。ボトムからテンポ良くエギをシャクル場合でも十分に使用可能です。

エギングロッドとは、軽くシャープなブランクでグリップが短く、エギをしっかり跳ね上げさせる為のパワーを備えています。同じコンセプトを持つライトゲームロッドが[RealCrescent RC-81]と言えるかもしれません。

朝夕の時合いの逃す事無く青物を狙い、暗い時間帯はエギング。陽が高くなり根魚と、秋の沖磯は種類豊富なターゲットが狙える、釣り人が忙しくなるフィールドです。

ロッド: RealCrescent RC-81
リール: 18ステラ2500S
ライン: VARIVAS アバニエギングLS4PEティップラン 0.5号
リーダー:フロロ1.75号
ルアー: 3号Dタイプ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

猪俣さま、いつもレポートありがとうございます!

婚姻色に色づき始めたヒメマスは、とても鮮やかで、見る者の目を奪ってしまいそうですね。宝石のような輝きという表現も頷けます。

また、思う存分釣りを楽しまれたようで、しっかりと結果を残しているあたりは流石です!

今回、猪俣さまが使用されていたようにRealCrescent RC-81は同シリーズのRC-75と共に汎用性の高さから、様々ライトゲームでも使用感を損なわず軽快に扱い頂けます。また感度も良く、ライトゲームに必要な要素を高次元にまとめたロッドです。アジ・メバルはもちろんのこと、クロダイ・シーバス・ロックフィッシュ等、ソルトからフレッシュウォーターでも十分に対応できるモデルです。


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN