Ripple Fisher リップルフィッシャー

BLOG

リップルフィッシャー > スタッフブログ > スタッフボイス > 製品開発レポート > BigBait 87 (TestModel No,3) テストレポート

BigBait 87 (TestModel No,3) テストレポート

弊社フィールドテスター、BSLの谷本氏から現在テスト中のプロトロッド(ビッグベイト、ビッグミノー用)でのレポートを頂きましたのでご報告いたします。

現在テスト中のモデル「BigBait 87(仮)」ですが
プロトNo,1、No,2では50~60g程をキャストする時にベリー部分に硬さが足りずキャスト性能が低かったためベリー、ロッド全体に硬さを出しプロトNo,3となりテスト中です。

以下テストロッドでのレポートになります。
—————————————————–

Bigbait rod テストレポート

テストロッドNo3になり70gクラスのジョインテッドクローなどのビッグベイト、ハンマーヘッドのボーダーミノーや50gクラスのK-Ten175等のビックミノーもスムーズに振り抜け、イージーにロングキャストが決まるセッティングになりました。


よくあるヘビーウェイトのルアーを振り抜く際のベリーが負けてボヨーンというストレスが無く、ストレートにルアーウェイトにスピードを載せやすく、決して無理なく軽い力で撃ち抜ける感覚になっています。
大型ルアーだけではなく、K2F142(26g)も素晴らしい弾道で超ロングキャストが決まりました。
現在のセッティングでヒットした最小ルアーはアイマのカルトラ20g で、このクラスでも一応キャスト可能です。非常に強いロッドなのですが、ロッドを持った感じよりは対応ルアーの幅が広いと感じました。
マイワシパターンでのシーバスで連日テストしてますが、タフったタイミングでのバイトは若干弾いた感じがあったものの、食わせた後のフッキングはバッチリ決まり、大型シーバスとのファイトはグイグイと主導権を握れ、とても楽しいです。

このロッドバランスのまま若干のレングス延長すれば、弾きも少しは解消され、飛距離のUPも見込めると思います。

更に、これだけパワーあればアカメにも完全に対応できます。ビッグベイトでランカークラスを狙うための性能を研ぎ澄まし、非常に楽しいロッドに仕上がってきました。

BSL 谷本

テスト使用ルアーウェイト
20g~70g
テスト状況
マイワシパターンのシーバス
60cm~85cm
使用リール
ステラ3000HG
ステラSW5000HG
ライン
Pe2~3
リーダー
37lb~70lb

—————————————————–

テスト中のロッドは、ビッグベイト(70g程度)をストレス無く楽に振り切ることが出来つつも、ただガチガチなロッドというわけでは無く、下は20gクラスのミノーの操作も可能な繊細さを持たせたスペシャルチューンモデルです。
大型ベイト(マイワシ、コノシロ、ボラ等)を捕食しているランカーシーバス、アカメをメインターゲットとしているためバットには硬さを持たせモンスタークラスをも強引に止められる強さを持たせています。大型プラグの遠投性、キャスト性能にこだわり、使って気持ちいいロッド、更なる楽しさを提案するロッドを目指しています。スピニングタックルならではのルアーウェイトの幅があり、生粋のスピニングアングラーのための1本です。

 

発売日等はまだ決まっておりませんが、テスト完了次第ご案内させて頂きますので当ご期待ください。


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN