Ripple Fisher リップルフィッシャー

BLOG

リップルフィッシャー > スタッフブログ > スタッフボイス > BaitTackle > ショアキャスティング ベイトタックル解説 Vol,3

ショアキャスティング ベイトタックル解説 Vol,3

前回までは、実際に釣りをするまでの準備ということでLDリールのセッティング・解説でしたが、

今回は【一連の動作(キャスト~ルアーアクション~ファイト)】についてです。

 

分かりやすく理解して頂くために、LDタックルのキャストのコツ、ルアーアクション中のラインの巻き取り方の動画ものせておきますので合わせてご覧下さい。

 

まずキャストですが、基本はスピニングタックルと一緒でペンデュラムキャストになります。ですが、ご存じの方も多いかと思いますがベイトリールの場合はリリースポイントが後ろになるので、ショア青物ロッドのレングスになると磯の形状や、立ち位置によってリリースポイントまでにロッドを曲げ込みにくくなったりしますので様々な場所からのキャストに対応できるように、コツを掴み練習をしておく必要があります。

ルアーの飛距離をできるだけ伸ばしたい。ロングリーダーや太糸を使用したラインシステムでもスピンニングタックルに負けたくない。などブレーキを極力効かせない方向にセッティングにすると当然飛距離は伸びますが、キャストのコツを理解しないと簡単にバックラッシュしてしまいます。

 

キャストをするにあたり、後ろに制約の無いフラットな立ち位置で無風と想定して、時計の針に例え解説すると、3時の位置でロッドを構え、2時~1時の間に曲げ込み、12時までにはリリースを終わらせフォロースルーといったイメージでキャストします。

この際、できるだけ後ろの方でロッドを曲げるイメージを掴むために、重量があり飛行姿勢に優れたルアーを選んでキャストしてみるといいと思います。

 

それぞれキャストしやすい投げ方があると思うので、ペンデュラムキャストにこだわる必要はありません。ルアーとロッドを前から後ろに移動させた反動でロッドを曲げキャストするオーバーヘッドキャストや、サイドハンドキャストなど自分に合う投げ方を見つけましょう。

 

キャストを繰り返し練習していると、もれなくライン回収もセットで付いてきます。すると綺麗に平行巻きをできるようになっていると思うので、次はルアーアクション時の巻き取りです。

右巻の方は基本的に右方向にロッドを動かしルアーアクションを行うと思いますので、これを例として解説します。

レバーをFREEの位置でルアーをキャストして、着水後レバーをSTRIKの位置に上げ、アクションを開始。ここでシンキングのルアーやポッパーなど抵抗の強いルアーの場合はフォアグリップを人差し指と中指で挟み、ラインに親指の腹を押し当ててロッドを正面から右方向に動かすと同時にスプールの右端に寄せます。そして正面にロッドを戻すのに合わせてスプールの左端に向かってラインを巻き取ります。ダイビングペンシルなどのルアーの場合は抵抗感が少なくラインテンションがかからず巻き取ってしまうため、人差し指と親指でラインをつまんで操作します。

これを基本動作として、ストロークの長短や、様々なジャークに合わせ応用していくと平行に巻き取りやすいと思います。それぞれに感じ方が違うと思うので、キャスト同様自分に合った巻き取り方を探っていきましょう。

 

ファイト時は、スロージギングに使用するレベルワインダー無しのベイトリールのように、指を添えなくてもある程度は山にならず巻くことが出来るので、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。後は解説動画や、Ripple FisherのYou Tubeに上がっている谷村氏の動画をご覧になってみて下さい。

 

解説、動画も合わせて観てみるとそんなに難しいことをやっているわけではないということが分かって頂けるかと思います。ハンドルやノブ、ブレーキの強弱、ラインシステムなど至る所までLDリールを自分仕様にカスタマイズし、他人と違った仕様のリールで釣りが出来るところも、スピニングタックルとは違った魅力だと思うので、この機会にはじめてみてはいかがでしょうか?

弊社でも現在、LDリールを使用するショア青物ロッドを開発中です。105BHHより一つライトになり、Pe6号クラスのHパワーのロッドになります。10kgオーバーのヒラマサとも対等以上にファイトでき、15cmクラス50g程のダイビングペンシルのキャスト、操作もしやすい調子となっております。今後こちらのレポート、動画等もUPしていきますので乞うご期待ください!!


  1. オンラインショップ
  2. Facebook
  3. Instagram
  4. YouTube
  5. JP
  6. EN